真夏日

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

開運ミニ相談

真夏日

ここのところお天気が良く、

気温が30度を越える真夏日も
多くなってきた今日この頃です。

そんな折りに、

ある会員の方から夏場のお水取り
についてご質問がありました。

その方は、お水取りで頂く御神水
の鮮度を気にしているご様子なの
です。

以下、本文に続く

夏場の生水はやっぱり気になる

その方のご相談はこちら↓

~~~
先生、

ご質問させていただきたい
のですが…

夏場の宿泊を伴うお水取りは、
お水の鮮度?を考え、

前泊して当日お水取りをして
帰路が良いですよね?

その場合、

出発日も考慮した方が良いですか?

日が悪ければ、前泊など宿泊は
諦めた方が良いでしょうか?

夏のお水取りの鮮度などの点も
含め、ご指導くださいませ

よろしくお願いいたします

~~~

この方のご心配を要約すると、

・御神水の鮮度(特に夏場)
・前日宿泊の適否

この2点です。

御神水の鮮度を維持する方法

これは、一般的な方法なら冷蔵か
冷凍しかないでしょう。

なので、

取水して自宅まで帰り着く前に、
もしも、旅先で宿泊するならば、

当日は宿で冷蔵保存が必要と
思います。

それさえできれば、

自宅であろうが、
宿屋であろうが
大きな違いはありません。

九星気学の流派によっては、
御神水は常温保存を指導する流派
もあるのですが、

お腹をこわしては、
それこそ元も子もないので、

常温保存の指導などは一切無視
して良い、と判断します。

吉方位旅行は出発日を重視する

吉方位旅行とお水取りの共通点は
九星気学的に判断した吉方位と
時期を選ぶことです。

ですが、

お水取りは、ただ吉方位へ旅行
するだけでなく、

年・月・日・時刻すべての九星盤
を吉に揃えるだけでなく、

社寺で御神水を頂いて、
それを9日間飲みます。

また、合わせて、

お砂取りや水晶身代わりのお水取り
など、その他の祐気取り手法を
実践します。

これは、吉方位の祐気を倍々に
増幅して吸収できるからです。

で一方、吉方位旅行は、

出発日の吉凶を重視する、
という原則があります・

ところが、

前日に出発して宿泊することが、
必ずしも九星気学的に”吉”となる
わけではありません。

むしろ、

前日出発は”吉”にならない場合が
多いはずです。

すると、

前日出発のジレンマが発生します。

ですが…、

お水取りで一番大切なのは取水の日時

よく考えてみて下さい。

お水取りは、取水の日時が”吉”
でないとできないのです。

となれば、

前日出発の縛りは、
無視するしかありません。

どうしても出発日を”吉”に
したいならば、

前日どころか、前々日や数日前に
出発するしかなくなるのです。

そこまで日程的な自由が効く方は
ほとんどまれでしょう。

ですから、

お水取りで最もこだわるのは、
取水の日時だけにして、

出発日の吉凶は無視するのが
現実的な選択なのです。

それでも、出発日にこだわりたい
という方は、

当会にご入会下さい。

私が、出発日の吉凶まで
鑑定指導いたします↓
http://8p8.info/admission/#nenkan

以上、

この記事が役に立つと思った方は
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

春バージョン
『実践で大開運の花が咲く』

編集後記

京成バラ園へ行ってきました

昔、我が家には大輪種の白バラが
ありましたが、

今は白だけがないので、
以前から寂しく思っていました。

そこで、

また、育ててみたいと思い、
近くの有名なバラ園に行きました。

ですが、

ここのバラって高いですね。

確かに品質はいいのですが、
普通のホームセンターに比べて、
ほぼ倍額のお値段です。

で、気に入った白バラは、
「ヨハネ・パウロ2世」

今回は、ちょっと
手が出ませんでしたが、

そのうちにきっと、
買うと思います。

気になるモノって、
いつまでも気になるのですから。
(*^_^*)

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事