この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

凶方位へどうしても行かなければならない時の対策は…

貯金箱

前回の記事で解説しましたが、

対策のひとつは、

魔除け、厄除け、方位除けに

抜群の威力を発揮する黒水晶を
お守りにする方法。

それと、消極的ですが、

凶方位へ行く用事をできるだけ
短期間で終えるという方法を
ご案内しました。

ですが、

よくよく整理してみると、

積極的な対処法が、さらに
もうちょっとあったので、

今回の記事ではそれを
追加解説します。

以下、本文に続く。

開運豆知識

吉方位へ行くと祐気を吸収する!

あなたが吉方位旅行をすれば、

さらに、

お水取りやお砂取り等の祐気取りを
したら、体内に祐気を吸収できます。

というか、

祐気を蓄えることができるのです。

つまり、端的に言うと…、

吉方位の祐気は貯金ができる!

ということなんですね。

それに、

祐気を貯めるのは身体だけでなく、

水晶身代わりのお水取りをすれば、
それが祐気の貯金箱になります。

お砂取りをすれば、御神砂が
祐気の携行缶になります。

これを積極的な対策と言うのは
ちょっと語弊があるかもですが、

凶方位へ行く前に、

そこそこの祐気を
自前で貯め込んでおけば、

それを凶方位の凶意と
相殺することで、

あなたを凶方位の悪影響から護る
ことができます。

いわば、祐気というバリアで

身体全体を防護すると表現すれば、
分かりやすいでしょう。

また、

九星気学的な祐気とは異なりますが

神社やお寺でいただくお守りにも
神仏の魂が宿るので、

当然、ご加護が期待できます。

凶方位の借金は挽回できる!

もしも、あなたが、

凶方位へ行かなければならない
用事が急に発生したとして、

その前に祐気取りをして、事前に
貯金ができなかったならば、

凶方位から帰ってきた時は、

おそらく、祐気がマイナスの状態に
なっているでしょう。

そして、

そのまま手をこまねいて
ほったらかしにしていたら、

何かしら悪い事象が現れる…?

つーか、

体調を崩したり、
金銭面で不具合が起きたり、

対人関係にヒビが入ったり、
仕事面が不調になったり、

悪いことがおきるかも
しれません。

ですが、

ほったらかしにしないで、
祐気のマイナス状態を挽回すれば

凶方位の凶意を撥ね返すことが
できるはずです。

つまり、

事後でも構わないので、
祐気取りに励んで欲しいのです。

そして、できれば…、

———–
◇悪いことが起き始めてから
祐気取りをするのでなく…

悪いことが起きる前に、
さっさと対策を講じて下さい。

起きてからだと、場合によっては
こじれることもあるでしょう。

こじれてからでは、

苦しみは2倍3倍に膨れあがります。

挽回するのに2倍も3倍も労力が
かかります。

起きる前なら、
被害も軽く済みます。

ちなみに、

私は数年前、胃ガン(末期直前)が
発見されました。

このステージでは、
5年生存率40%でした。

それまで、

胃の調子がイマイチだったのを、

放置していたのが発見の遅れた
原因です。

幸い、今でも生きてますが…。

ですから、あなたが、

「凶方位へ行かなければならない」
となった時点で、

これはマズいと察知し、

祐気取りで挽回する準備を
進めておく方が、

家に帰ってから後の動きも
スムーズになります。

安心、安全が一番。

ほったらかしはいけませんぞ!

ほったらかしは!

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

冬バージョン
「冬来る、芽吹く春をじっと待つ」

編集後記

最近「gypsy jazz」に凝ってます

記事の原稿を書くときでも、
YouTubeの音楽を聴きながらです。

身体が軽やかに動き出すような
リズムがいいんですね。

ちなみに、

この記事を書いたときはこちらを
視聴しました。

なので、

生活に心地よいリズムが欲しい
あなたにもお裾分けします。

気学で分からないことの調べ方

お水取り祐気取りの百科事典

サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事