この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

引っ越しすると太極が移動する

引っ越し

九星気学でいう”太極”とは、
日常生活の根拠地のことです。

また、

1日で最も長く所在する場所であり、
通常は現住所を指します。

で、引っ越しすると
太極が移動しますが、

太極が新住所に定着するのには、
約3ヶ月が必要とされています。

となると、

3ヶ月が経過しない間は、
太極はどうなっているのか?

あなたは興味ありませんか?

以下、本文に続く。

開運豆知識

日常の生活範囲とは?

病気で寝たきりの人や、

あるいは、

修行でお堂に籠もって座禅を組む
僧侶などを例外として除けば、

人は1日のうちで必ず移動します。

普通は、自宅を中心とした4-6km
以内を日常の生活範囲といいます。

だいたい歩いて1時間以内といって
良いでしょう。

ですが、

通勤や通学でそれ以上の距離を
日常的に移動する方にとっては

自宅を中心とした4-6km圏内が、

会社や学校の方向へビローンと
伸びたエリアが

日常の生活範囲となっていて、
こんな図で表されます。

太極の分布

でぇ…、

この図で特に赤色の濃い部分が
太極に当たります。

つまり、

太極も日常の生活範囲も、

自分の所在の分布図のように
表されるのです。

引っ越しすると、

約3ヶ月経過した古いものから順に
旧住所の所在履歴が消えていき、

新住所へ徐々に太極が移ります。

この記事のテーマである、

引っ越し後3ヶ月経過してない時、
太極がどうなっているかというと…

太極は分裂状態にある!

前掲の分布図のように、
太極が2つに別れています。

というか、

引っ越し後3ヶ月の期間中では、

古い所在履歴が段々薄くなり、
新しい所在履歴が色濃くなります。

もしも、あなたが、

その中途半端な時期に
祐気取りをしようとするならば、

新旧両方の太極から観て、

ともに吉方位にあるならば、
可能と言えます。

これは何を意味するかというと、

新旧の住所が離れれば離れるほど
遠くに行くしかないということです。

この図をご覧下さい。

新旧の吉方位

吉方位のエリアが重なる地域が
祐気取りできる範囲を表します。

まぁ、当会がお勧めできるのは、

特殊な事情でもない限り、

引っ越し後3ヶ月経過するまでは
祐気取りは我慢しておく。

ということです。

ところで、

引っ越し後3ヶ月経過する前に

再度引っ越しする方はどうなるか
というと…、

新旧両方の住所から観て吉方位でなければ祐気は得られない!

つまり、

新旧のどちらか一方だけが吉なら
誠に中途半端な引っ越しです。

祐気取りとしての価値は
ありません。

ですが、

最初の移動が引っ越しというより
1ヶ月半以上の長期出張の場合に、

このようなケースが当てはまる
場合があります。

そんな時は、当会にご相談下さい。
最善策をお教えします。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

春バージョン
「春が来て、心機一転お水取り」

編集後記

人の集まる場所へ行けません!

週1回楽しみにしていた麻雀も
ダメ。

図書館も全面閉館中。

電車もバスも使えない。

買い物もできるだけ控え、

行くときはマスクと手袋で
完全武装です。

少なくとも3月いっぱいは
こんな調子がずっと続くかも…。

参ってしまいます。
щ(゚ロ゚щ) オーマイガッ!!

気学で分からないことの調べ方

お水取り祐気取りの百科事典

サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事