おみくじ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

おみくじ

社寺へ参拝した時に、あなたは
おみくじを引きますか?

初詣ならば、多分ほとんどの人が
おみくじを引くでしょう。

何しろ初詣は、新年のスタートを
祝う大切な節目の行事ですから、

たいていの人は吉凶を占いたい
と思うはずです。

ところが…、

以下、本文に続く。

開運豆知識

おみくじは占いなのか?

ほとんどのおみくじには、吉とか
凶とか書かれています。

(明治神宮や出雲大社など、吉凶
の記載がない例外もあります)

これって、今後の運勢を占って
いるように見えます。

なので、多くの人は占いと思って
いるでしょう。

ところが、本当は、

おみくじは、神仏のお告げ
でもあるのです。

それは、何のお告げなのか?

神社へ行って、何はさておき、
いきなりおみくじを引く人は
いないと思います。

いるとしたら、
おみくじ好きの子供だけです。

普通の人ならば、神社へ行って、
まずは参拝し、その後でおみくじ
を引きます。

すると、参拝時に何を願ったか、
それが重要であり、

それを実現するためのヒントが、
神のお告げとして示されていると
考える方が自然です。

あるいは、
処世の教訓と解釈すべきです。

でないと、それこそ、
単なる占いとおんなじになります。

ですから、

おみくじを占いにするのか、
それとも神のお告げにするのかは、

あなたがどう解釈するか、
に掛かっています。

祈願で自らの誓いの言葉を述べ、
天佑神助を願ったのならば、

一番最初の”気付き”のヒントは、
おみくじの形で示されたとしても
不思議はありません。

もしも、あなたが、

本気で祈願するのならば、
おみくじを粗末に扱うのは、
筋が通ってないことになります。

おみくじのルーツは『元三大師御籤』

おみくじの吉凶の種類は、
7種類または9種類のパターンが
多いといいます。

7種類のパターンは、
大吉-吉-中吉-小吉-末吉-
凶-大凶

9種類のパターンは、
大吉-吉-中吉-小吉-半吉-
末吉-末小吉-凶-大凶

もちろん、

おみくじにはルーツがあって
『元三大師御籤』といいます。

平安時代の僧侶、元三大師良源
(がんざんだいしりょうげん)
が由来のもので、

江戸時代に爆発的に流行しました。

これには、五言四句の漢詩が書か
れており、

一番の大吉から百番の大凶まで
通し番号が割り振られています

つまり、

百種類のパターンがあり、浅草寺
で使われているのがこれです。

といっても、吉凶が百種類あるの
ではありません。

で問題は、吉凶の割合は、
どのくらいかというと、

オリジナルでは、
大吉・・16%
吉・・・35%
他の吉・19%
凶・・・30%

となっている。

ちなみに…

凶の多い社寺ベスト5

1 浅草寺
2 鶴岡八幡宮
3 清水寺
4 住吉大社
5 厳島神社

だから、
浅草寺では凶が多いんですね。

はるか昔に、厳島神社で長女が
3回連続で凶を引きビックリした
ことがあります。

ところが、

新年そうそう「凶」を引くのを
嫌がる人が多いのも事実で、

最近では、凶を抜いたおみくじが
業者に発注されることが多いとの
ことです。

ですから、

現代となっては、吉とか凶とかの
種類に一喜一憂するのは、あまり
意味がないわけです。

それよりも…、

おみくじに書かれたヒントを
読み解くこと

これの方が、よほど価値が
あるのです。

おみくじは持ち帰るもの

そして、ご神託として日頃の糧に
するのが大切な心構えです。

もともと、おみくじを境内の木に
結んでおく習慣はありません。

ですから、

境内で結ぶという習慣は、歴史的
には大正以降の最近のことです。

現代では、ほとんどの社務所前には、
おみくじを結ぶ所があります。

その理由は、
境内の樹木に結ばれては
あとで始末が大変だからです。

それと、

凶のおみくじを引いた方が、
それをお祓いするためです。

なのに、

わざわざ子供を肩車して、木の枝
の高いところへ結ばせる人がいます。

神職さんに手間をかけさせるだけ
なのをご存じないのは残念です。

そう言う私も若い頃はできるだけ
高いところに結んでいたなあと、
今となっては大反省です。

★夢を叶えるキーワード

実践で春らんまんの花が咲く

編集後記

その1:年間会員の方へ(追伸)

お水取りで開運するために
アドバイスが必要ありませんか?

本当に大丈夫ですか?

もしも、
そうならば安心です。

ですが、

何かちぐはぐだなあとか、
どうも具合が悪いなあと思う方は

こちらからご相談下さい▼
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTAoEvia

その2:”いいね”ボタンを押して下さると、嬉しいです

(*^_^*)

ご感想の投稿は大歓迎です。
投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
39@@kaiun.pw
(@はひとつで送信)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事