棟内移動

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

超近距離の引っ越し相談

棟内移動

ある三碧木星の方が数ヶ月以内に
引っ越しを予定しているのですが、

転居先候補地のひとつとして、
同じ棟内で移動できないか?

とのご相談を受けました。

ふつうならば、

短距離の移動でも吉凶あり

と指導してますが、

さて、

このような超近距離の棟内移動では、
いったいどうなるのか?

以下、本文に続く。

開運ミニ相談

同じ建物内の別の一室を転居先にしたい

その方のご相談はこちら

~~~
碓氷先生

おはようございます。
昨夜の台風は凄かったですね。

今週もよろしくお願い致します。

次のステップに進む前にもう一つ、
どうしても気になっていることが
あります。

先生のお考えをお聞かせ
いただけないでしょうか。

現在住んでいる棟は、
どの階も1号室が単身用の部屋と
なっています。

私としては、棟内移動ができたら
ベストなのです。

ですが、

至近距離とはいえ、
東への移動となります。

4月生まれの三碧木星にとって
2018年も2019年も東は殺気だから

これまた「再度引越ししなくちゃ
ならないパターン」という認識で
間違いないでしょうか。

だとすれば、

もはや西北を目指すしか
ありません。

成増になるか、
はたまた旭町になるかは
まだ決まりませんが、

どちらにしても方位は西北なので
それに合わせたご指導を
賜りたいと思います。

※ 万が一、東への移動もOK
という方法があれば、

転居先候補に加えたいと
思いますが…
~~~

さて、

ご要望を検討するにあたって、

ここで改めて、

引っ越しの基準点となる太極に
ついて整理します。

太極とはゾーンのようなもの

この図をご覧下さい↓
太極の分布

太極とは日常生活の拠点であり、
自宅を中心として自分自身が所在
するゾーンのようなものです。

上図の赤い部分が、自分自身の
一番長く所在している場所です。

自宅の寝室や、
仕事場のデスクの場所とかが、
それにあたります。

太極とは、このような分布図の
ようになっています。

そして、

所在履歴は常に更新され、
3ヶ月以前の古いものから
消えていきます。

つまり、

一日中寝たきりの人でもない限り

太極とは、自宅中心の1点に
固定されているものではなく、

太極は常に少しずつ動いています。

引っ越しでは、

そのゾーンが引っ越し先に大きく
動き、方位の吉凶が及ぼされる
というのが気学の考え方です。

では、

同じ建物内で引っ越したら
どうなるのか?

それを考える前に、

方位の吉凶が及ぼす力の強弱を
考えますと…、

移動期間が長いほど、移動距離が大きいほど吉凶が強くなる

引っ越しですから、移動期間は
引っ越してからずっと続くので
長くなり、吉凶は強まります。

でも、棟内移動では、

移動距離はとても短いので
吉凶の程度は弱まります。

期間の長さと距離の短さを
差し引きすると、

吉凶の強弱は
トータルでどうなるのか?

強いようでもあり、
弱いようでもあり、

あまりハッキリしません。

しかし、

これは、気学会でも諸説があり、

たとえ、

家の中で寝室を移動しても
吉凶が生じるとする流派は
確かにありますが、

ほんのわずかな移動でも、

運命的なほど吉凶が強く出る
という流派は見当たりません。

ムチャクチャな理論を
振りかざしても、

誰も振り向いてはくれませんし、

まぁ、超近距離の移動では、

早い話が、

吉であっても
凶であっても、

ことさら大きな影響は出ない。

というのが常識的な判断です。

とはいいながら…、

強いか弱いかの判断は別として、

不安がゼロとは言えないので、

超近距離の引っ越しに、

吉凶の影響が現れないような
対策はあります。

ですが、それは、

相談者さんだけへの
専用アドバイスにしておきます。

内緒…! (*^_^*)

ですが、

もしもあなたが、

超近距離の引っ越しを予定していて
ぜひ、吉凶対策を知りたいならば、

私にご相談下さいね。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

秋バージョン
『実践で実りの秋は黄金色』

編集後記

10月のお水取り日が近づいてきました…

ちょうど祭日で、お休みの人も
多いと思いますが、

10月8日はお水取りができません。

その理由はこちら

なので、

アマチュアのサイトに惑わされ
ないで下さいね。

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事