この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

反転

五黄土星の方からあるご質問が
ありました。

~~~
6月22日に、お水取りに行きたい
のですが、南の方角で時間帯を
教えて頂けませんか?
~~~

とのこと。

暦の反転後は”気”の流れが乱れるが…

ご質問の回答は、

~~~
6月22日は、当会では正規の
お水取り日にしておりません。

と言いますのは、

6月11日に暦の日盤が反転します。

その後は”気”の流れに
乱れが生じるため、

お水取りをやってやれないことは
ないのですが、

祐気取りの価値としては
少し下がってしまいます。

とはいいながら、

6月20日で日盤が反転後に
一巡しますので、

ある程度は気の流れが
収まることから

代替日としては使える
と考えています。
~~~

すると、

その方から追加のご質問↓

~~~
少しでも効果があるならば
お水取りに行きたいと
思っているのですが、

行き先が南の方角120kmで
だいたい真っ直ぐにしか
帰ってこられません。

帰路が月破の方角なので、
それが気になっています。

黒水晶で防ぐことは
出来るのでしょうか?

水晶はさざれでも効きますか?

また、

6月22日より7月1日の方が気の流れ
は安定しているのでしょうか?

お水取りを考え中なのは、
職場が自宅から12キロ先で、

今年は南西(申)の方角であり、
帰りが五黄自滅方角なので

少しでも祐気取りをしておいた方が
いいと思うところなのですが、
月破がとても気になります。
~~~

帰路の凶方位は恐れなくていい

追加ご質問の回答は↓

~~~
帰路の凶方位の影響は、
往路で得る祐気に比べて
極めて小さいです。

ですから、

往路で得た祐気の目減りは
元々、とても少ないのです。

ですが、

帰路の凶方位(具体的には月破)を
とても気にする方がおられます。

わざわざ手間暇とお金をかけて
お水取りに行くのですから、

目減りはイヤだと考えるのは
人情とも言えましょう。

そして、

その場合の対処法は次です。

・帰路の凶方位を迂回する。
・護身用水晶で護る。

以下続く、

さざれ水晶だってバカにしたもんではないですよ!

さざれでも、水晶は水晶です。
違いますでしょうか?

さざれ水晶で役不足と
お考えになるかどうかは
ご自身の判断です。

透明水晶の丸玉やルチル水晶と
比較するのは間違ってます。

品質が異なりますので、
比較は意味がありません。

良いものが欲しければ、
良いものをお求め頂いた方が
正解でしょう。

毎日の通勤圏は日常の生活範囲

ご自身の生活範囲(自宅の周辺4~6km)
の移動は、

基本的に吉凶はないという立場を
当会ではとっています。

(例外は引っ越し)

毎日の通勤先は、
12km離れているとのことですが、

これは、休日を除きほぼ毎日の
移動なので、生活範囲の中と
考えます。

ご自宅から半径4~6kmの円が、
通勤先の方位にびろーんと
伸びたような範囲です。

暦反転後は、徐々に安定する

暦が反転した後の気の流れは、
日々安定致します。

ですから、

後になるほど安定と言えます。

ですが、

反転後の日盤が一巡してますので
気にするほどの違いではない
でしょう。

ただし、

あくまで代替日としてです。

気付きの実践が一番大切

これも以前に強調致しましたが、

帰路の凶方位より、
もっともっと大切なのが、

”気付き”を得て、
実践することです。

お水取り後は、
これに全力を注いで下さい。

でないと、

願いが叶うはずがありません。

ここまで細かくアドバイス
するのは極めて異例です。

なので、もし今回、

お水取りをされるならば、
その後に、どんな”気付き”
を得て

どのように実践されたかを
ご連絡下さると嬉しく思います。

編集後記:ご感想のお願い

今日の記事についてコメントの
ご投稿をお願い致します。

m(_ _)m

投稿名は自由にどうぞ。

夢を叶えるキーワード
★実践が大開運の実を結ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事