味見

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

五黄土星月のお水取りに悩んでいる方へ

味見

2018年2月は五黄土星月なので、
御神水を直に飲むお水取りは
できません。

というよりも、

土気が強すぎるので、飲んでも
祐気取りの効果は期待できません。

ですから、

○水晶身代りお水取り
○玉入れでの祐気取り

○ご神木の落葉を頂く
○温泉入浴

といった手法で、
祐気取りを行います。

すると、

直かに御神水を飲まないので、
水質の良いお水取り場所に
こだわる必要がなくなります。

つまり、

それなりにメリットもある
ということです。

以下、本文に続く

開運豆知識

都会の社寺では良質な井戸水の得られる場所は限られている

ところが、

直に飲まないという前提ならば、
そんなに水質が良くなくても、
ほぼ気になりません。

なので、

お水取り先の社寺を選ぶ際に、
選択肢の自由度が広がります。

普段の月なら、水質が良くなくて
選ばないような社寺でも、

五黄土星月ならば、
差し支えがなくなります。

この時、

水質の代わりに選ぶ基準として、
社寺の格の高さをお勧めします。

格の高い社寺は、一般的に
パワスポパワーが強くなります。

社寺の御霊験・御利益も大きい
ものです。

すると、

あなたの願いを叶えるために
頂けるパワーも強いですよ。

五黄土星月であってもひとつ試しておきたいこと

それは、御神水の味見です。

五黄土星月だからといって、
御神水を飲んだら運が悪くなる。
という心配はありません。

祐気取りとしての効果は
期待できないという程度の
ことです。

で、なぜ味見を勧めるのか?

それは、次回、
お水取りに来た時のために、

飲める水質であるかどうかを
自分で確かめられるからです。

水質に関する主観は人それぞれに
異なるものです。

ですから、

何よりも、自分の舌で
経験しておけば、

その社寺の井戸水が自分に合って
いるかどうかを判定できます。

自分のお気に入り社寺リストに
入れられるかどうか分かります。

これはちょっとした財産ですね。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

春バージョン
『実践で大開運の花が咲く』

やっぱり春ですから、
実が成るよりも、花の咲く方が
ぴったりきますね。

編集後記

最近、料理にはまってます

今日は水餃子を作りました。

溶き卵を入れ、片栗粉でとろみを
つけたのですが、量が多すぎて
ドロドロになってしまいました。

それでも、娘はおかわりしたので
味は良かったんだと安心しました。

明日は、牛のステーキを
焼く予定です。

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事