商売

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

商売

今回のテーマは、
商売と婚活の共通点その3:
お客に言いなりの商品は売れない
です。

なぜかというと、

お客の言うことが、
全部正しいとは限らないからです。

開運豆知識

“お客様は神さまです”?

これは、昭和の名歌手三波春夫が
使って一世を風靡した言葉です。

1970年のExpo’70大阪万博頃から
この言葉が全盛期を迎えます。

お客様は神様。

だから、大切にしないといけない。
ここまでは極めて結構。

ところが、その先に
「お客の言うことは全部正しい。」
という言葉が続きました。

顧客の要求に全て応えるのが、
高度成長期時代の日本で企業の
基本姿勢になったのです。

これって、
ホントは凄いことだと思います。

ですが、

客のすべての要求に応えるため、
優先度の低いものまで取り込んで
しまいました。

するとどうなったか、

無駄な機能が満載になりました。

これをガラパゴス化現象
といいます。

携帯電話が高機能になり過ぎて、
不要な機能まで備えたことから、
“ガラケー”と呼ばれています。

要するに、

この頃から日本がガラパゴス化
していく時期が始まったようです。

要らないものまで付けて
高機能化した結果、

かえって、
低機能の世界標準には、
採用されませんでした。

バブル崩壊によって更に追い打ち
をかけられ、日本企業は徐々に
活力を失っていきます。

客の真の要望は何なのか?

客の言うことをそのまま
丸呑みするのでなく、

その要望に隠された
真のニーズを探り出し、

それを実現することで、
客の満足度はMax跳ね上がります。

なぜかって、

要望に対する期待を
越えちゃうからです。

サプライズのプラスαが
上乗せされるからです。

ところが、

言いなりの商品に、
サプライズはありません。

相手に合わせるだけの婚活にサプライズはない

異性の要望に応えてあげることは
けして悪いことではありません。

ですが、

本当に相手に必要なことなのか?
相手に喜んで貰えることなのか?

ただ相手に合わせるだけならば、

「この人はこんなところが凄い」
と思わせることはできないでしょう。

それは、金銭的なことではなく、
ほんのちょっとした心遣いかも
しれません。

たった一言のねぎらいや励ましの
言葉かもしれません。

もしかすると、
苦言や叱咤かもしれません。

ですが、

心から相手に良かれと思って
なされる言動は、

最後には心を打ちます。

ただし、”最後には”ですけどね。
途中では紆余曲折があるかも…。

いずれにしても、
あなたの真心が通じる相手と
そうでない相手がいて、

通じないような人と結婚しても
幸せにはなれないでしょう。

ですから、

あなたの真心が通じる相手と
出会うことを祈っています。

それに、ホンモノを見極める人は
必ず現れます。
(。-`ω´-)キッパリ!

でも、そのためには、まず、
あなたが真心を示さないとね…。

編集後記

その1:なくて七癖”舌打ちって感じ悪っ!”

日本では、舌打ちする人は
嫌われます。

舌打ちはマイナスの感情表明です。
非難、軽侮、自嘲の心情が込めら
れています。

それが、舌打ちした本人に向けら
れた自嘲ならば、まだ罪が軽いの
かもしれません。

ですが、

他人に対して向けられた非難なら、
それには悪意があります。
少なくとも善意はありません。

相手に悪意をぶつけると、
間違いなく鏡のように自分自身へ
跳ね返ってきます。

すると、

こんな些細なことでも、
人間関係にひびが入るきっかけ
にもなりかねません。

あなたは気付かずに、こんな癖で
対人関係の大損をしていませんか?

でも外国では、かなり違う?

アメリカとタイでは”凄い”の意味
にも使われるようです。

中国と韓国では感動や賞賛になり、
インドでは相槌になり、
シリアでは同情を表し、

グアムでは、”イライラ”した時に、
イタリアでは、”つまらん”の意味
にも使われます。

ただ、香港人は嘘がばれた時に、
“ジーザス”と言いながら使った
例があるので、

これって日本と似てるようです。

舌打ちしながら、人差し指を
メトロノームのように左右に
振ると、

子供に対して注意する時、
「いけませんよ」に使われます。

映画「ターミネーター2」では、
サラ・コナーの弾切れシーンで

敵のターミネーターが使って
いました。

覚えている人!

あなたは、
ターミネーターの通です。

その2:”いいね!”のお願い

この記事が気に入って頂けたら
ホームページの”いいね”ボタンを
押して下さい。
m(_ _)m

ご質問やご感想の投稿は大歓迎です。

投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
kaiun@@goo.jp
(@はひとつで送信)

★夢を叶えるキーワード

実践が大開運の実を結ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事