この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

祈願

前回は、拝殿に上がるところまで
解説してきました。

次は参拝の詳しい作法について
解説したいところですが、

実は、その前にはっきりさせる
ことがあります。

それは、参拝で何を祈願するか、
どのように祈願するか、これが
重要な鍵を握ります。

つまり、

祈願の心得が今回のテーマです。

以下、本文に続く。

開運豆知識

単なる神頼みは意味がない

あなたは、高額の宝くじが当たれ
ばいいなあと思ったことがありま
せんか?

私だって普通の人間ですから、
やっぱり当たれば嬉しいです。

でも、

それで本当に幸福になれるのか、
果たして真に幸運なのか、

それはとても疑問です。

宝くじの高額当選者のその後は、
必ずしも幸福な人生を歩めるとは
言えないようです。

というのは、

数々の追跡調査で不遇の生涯を
終えた人の話は枚挙にいとまが
ないからです。

ではなぜ、そうなるのか?

それは、持ちなれないお金を得ても、
金額にふさわしい生活を送る技術が
伴わないからです。

つまり、

宝くじは自分の努力と実力で得た
お金ではないので、それを維持する
だけの器が自分にないからです。

「人には器がある」とは、
よく言われる言葉ですが、
器は一生同じとは思いません。

器は、人の成長と共に大きくなる
ものです。

また逆に小さくもなります。

なので、

元々才能が備わったごく一部の
天才を除けば、

器は急に大きくはなれませんし、
急に小さくもなりません。

つまり、

器を超えたお金を扱うことが
人には困難なのです。

それが、多額のお金がかえって
不幸を呼ぶ一番の原因になります。

ですから、

宝くじ当選祈願をしてはいけない
とは言いませんが、

それが、人生の最大の目的には
ならないことを理解しておいて
下さい。

単なる神頼みは意味がない

願いごとは、願いっぱなしで勝手
に実現することはありません。

それに、願いは叶えてこそ
価値があります。

お水取りで社寺に参拝する目的は
大きくふたつあります。

ひとつは、社寺のパワースポット
のパワーを吸収することです。

そのパワーを自分の祈願を叶える
ための行動のエネルギーに変える
ためです。

ふたつめは、祈願を叶えるために
自分がどのような努力をするか、
不退転の決意を神仏の前で誓い、

合わせて、神仏のご加護・ご助力
をお願いすることです。

人間の心は弱いもの。

鋼鉄のような精神力を持つ人は
そんなにいるものではありません。

なので、一度決心したことでも、
決心は何度も揺らぎます。

願いの実現を妨げるトラブルや
障害は次から次と発生します。

そのたびに、心を奮い立たせる
天佑神助が得られれば、必ずや
願いは叶えられます。

というよりも、

あきらめずに改善努力を続ければ
道は開けます。

開かれないはずがないのです。

願いは自分の努力で実現できることにするとよい

願いごとは、
「何をいつまでに達成するか」

これを明確にしておかなければ
なりません。

期限のない願いは、
自分に対する甘えを呼びます。

ずっと、甘え続けていると、
頑張ったら実現できることでも
実現させることはできません。

甘えは、甘えを呼ぶからです。

なので、ある一線を引いて、
覚悟を決めて下さい。

また、親や子供のことを含めて、
自分以外の誰かが変わって欲しい
という願いには無理があります。

変わるのは自分自身であり、
たとえ親子であっても、他人を
変えるのは困難だからです。

もしも、

人を変えるために、自分が身命を
なげうって行動するというならば、

少なくとも、

その人の覚悟と自分の覚悟が同じ
方向を向いていなければなりません。

その人の覚悟がまだできていない
うちに、自分だけが先に覚悟を
決めるならば、

以後の自分の行動で、本人の心を
打ち、覚悟を決める瞬間まで粘り
強く待たざるを得ません。

そこまで自身の覚悟があるならば、
他の人を変えるという願いごとも
不可能はないと思います。

ですが、

それよりも、自分が行動し自分が
変わることの方が手っ取り早く、
実現可能性が高いはずです。

ですから、

基本的には、他の人を変えようと
思うよりも、自分が変わって心願
を実現するべきです。

参拝する時の祈願事項を決めたら、
次はいよいよ、実際に参拝する
段階です。

ですが、それは次回に…

★夢を叶えるキーワード

実践で春らんまんの花が咲く

編集後記

◇その1:桜のお花見です

20年来の友人と”船橋県民の森”と
“御滝公園”という近場にある桜の
名所にお花見に行きました。

靖国神社では、4月3日に満開宣言
がありました。

千葉県では週末にかけてが一番の
見頃かとも思いましたが、

天候が崩れて肌寒くなると、
お花見どころではないので、

少し早めに行きましたが、
“船橋県民の森”ではまだまだ、
五分か六分咲きでした。

とはいえ、

天気は良くて暖かく、風も穏やか
であり、昼ご飯にバーベキューを
楽しみました。

その後、御滝公園へ場所を移すと
こちらは、もう少し開花が進み、
七分か八分咲きです。

ですが、1本のしだれ桜が満開に
なっており、それは見事でした。

さらに、もう1本のしだれ桜は、
八分咲きでしたが、その香りが
匂い立っていました。

しだれ桜にも、
満開で楽しませてくれるものと、
香りで楽しませてくれるものがあり、

つくづく感激致しました。

やはり、
薄紅色の桜は、日本の花です。

もしも、夜間に寒くなければ、
夜桜見物にも来てみたいです。

あなたも、お近くの桜の名所に
ぜひお出かけ下さい。

その2:”いいね”ボタンを押して下さると、嬉しいです。

(*^_^*)

ご感想の投稿は大歓迎です。
投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
39@@kaiun.pw
(@はひとつで送信)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事