6月

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

もうすぐ6月に入ります

6月

つまり、

お水取りで使う月盤も
6月の一白水星に変わります。

しかしながら、

もうひとつ重要なものが変わる
のです。

それは、暦の流れ方なのです。

以下、本文に続く

九星気学豆知識

気学の暦は年に2回切り替わる

一白→二黒→・・・→九紫
のように、

日と時刻の九星が
ひとつずつ増える流れを陽遁、

九紫→八白→・・・→一白
のように、

減っていく流れを陰遁といいます。

それ切り替わりが、夏と冬の
年に2回あります。

陽遁→陰遁→陽遁

のように変わります。

そして、

陽遁から陰遁に変わるのが
毎年6月から7月頃で、

陰遁から陽遁に変わるのが
12月から1月頃です。

ちなみに、

今年2018年の場合は、

6月1日(金)に陽遁から陰遁に
切り替わります。

すると、

暦の切り替わり後は気が乱れる

なので、

お水取りできないわけではないが

気の乱れによって、祐気取り
しても価値が下がります。

簡単にいうと、

せっかく、お金と手間暇をかけて
お水取りに行っても、損します。

普通の人は、損する日を選んで
お水取りはしないと思います。

なので、

当会では、6月9日はお水取り日に
指定しておりません↓

では、

暦の切り替わり後は、
どのくらいの期間、
気が乱れるのかというと、

日盤が一巡するまで、
と判断しています。

つまり、

6月1日からの9日間が、
損する期間です。

ですから、

6月9日は、ギリギリでアウト、
と判定されます。

6月は、そのほかに18日と27日が
ありますから、

無理に9日を選ぶ必要が
ないのです。

でも、

6月9日は土曜日なんですね。

すると、

サラリーマンの多くはお休み
なので、都合がいいんです。

一方、18日も27日も平日です。

この日にお水取りするなら、
有給休暇をとるしかないです。

不便ですよね。

ですが、

たとえ不便でも、
価値が低いモノは低い、
としか言いようがありません。

残念ながら…。

2018年6月にお水取りできる人

というか、

できない人が、三碧と四緑の人
だけです。

ざっくり、80%近くの人が
お水取りできます。

そのなかで、平日しか休みが
取れないという方は、

完全に100%ではありませんが、
土日、祭日限定の代替日が
あります。

その日時を知りたいと思う方は、
ぜひ当会へお問合せ下さい。

39@@kaiun.pw
(@ひとつで送信)

代替日時をご案内している流派は
当会だけとは申しませんが、
そんなに数多くはありません。

以上、

この記事が役に立つと思った方は
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

春バージョン
『実践で大開運の花が咲く』

編集後記

だんだん7月の大吉月が近づいてきました

今回のレポートは6月の情報でしたが
いよいよ、あと1ヶ月ちょっと。

うかうかしてると、
あっという間に、
その日がやってきますj。

7月大吉月のご案内はこちら↓

ですから、

今のうちに、準備を整えて
おきましょう。

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事