暖かい御神水

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

真冬のお水取りで身体を冷やしたくない方へ

暖かい御神水

そもそも、

御神水は沸騰させたら、
祐気が蒸散します。

なので、

御神水は、生水で飲むのが
常道ですが、

真冬の屋外で冷水をコップ2杯も
飲むのは辛いものがあります。

やはり、

冷たさで身が縮む思いを何とか
我慢して飲んでいる方もいること
でしょう。

かく言う私も、

真夏なら大歓迎の冷たい水も、
真冬に好きこのんで飲んでいる
わけではありません。

冬のお水取りの難点は、やはり
なんと言っても寒さへの対応です。

以下、本文に続く

真冬のお水取りの寒さ対策

御神水を現場で暖めて飲む方法があった!

これから、あなたに、

社寺の現場で、しかも
御神水を沸騰させずに暖める
究極技をお教えします。

では、

準備はいいですか?

始めますよ。

それは…、

モーリアンヒートパックLサイズ(60g発熱剤1個入)



発熱剤を使用して、
火や電気のない場所でも、

少量の水さえあれば手軽に
お湯をつくることができます。

紙製なので軽量で、
折り畳んで保管ができ、
全然かさばりません。

これを使うと500ccの水を15分で
約80℃まで温めることができます。

しかも、

ジップロックに入れた御神水を
このパックに入れて暖めれば、

全く沸騰させず、蒸気も逃さず、
完璧な祐気のままお湯にできます。

気になるお値段も、
1回分が300円台の半ば。

どうですか?

便利でしょ。

もともと、これは防災グッズです。

電気やガスのない時でも暖かい
お湯やカップ麺が作れます。

これと似た別の商品が、
もうひとつあります。

それは…、

湯沸しBOX 0.5L

これも、ほぼ同じ機能を
持っています。

ですが、

難点はお値段が900円台なこと。

コスト・パフォーマンスが少々
悪いですね。

なので、

モーリアンヒートパックの方に
軍配が上がりそうです。

以上、

この記事が役に立つと思った方は
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

春バージョン
『実践で大開運の花が咲く』

編集後記

冬期オリンピックで銀メダルと銅メダルが、また増えました!

でも、

まだ金メダルが取れない。
(´・ω・`)ショボーン

ですが、

女子スピードスケート
(500m、パシュート)

男子フィギュアスケート
男子スキー複合

この4種目に、まだまだ金メダル
の望みがかかっています。

きっと、

金を取ってくれます。

頑張れ日本!

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事