爽やか

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

取水時間が遅い時お水取りを
迷っている人へ超特選お勧め度
★★★★★5.0+★★=7.0

不気味

あなたがお水取りに
行こうと思った時、

とんでもない真夜中や夜明け前の
真っ暗な時間帯の場合には、

行こうか、どうしようか、
とても迷っている。

ということはありませんか?

以下、本文に続く

九星気学掲示板

お水取りの行き先で社寺が推奨される一番の意義とは?

それは、

ほとんどの社寺がパワースポット
だからです。

だからこそ、

社寺に参拝して、願を掛け、
祈願達成の努力を神前仏前で誓い、
神仏のご加護をたまわり、

社寺のパワースポットのパワーを
吸収し、少しでも分けて頂くのが、

社寺でお水取りをすることの
唯一で最大の意義なのです。

ところが、

大きくて有名な社寺、
パワスポパワー抜群の社寺は、

夜間は門を閉じていますので、
まず、昼間しか参拝できません。

深夜にお水取りしようと思っても
絶対に無理なのです。

それに…、

夜中は電車が走ってない

お水取り時間が、公共交通機関の
運行していない深夜や夜明け前の
時間帯ならば、

車を持っていて、運転できる人は
自分で移動できますが、

車のない人は、前日から移動して、
宿泊しておかなければならない。

それだけ、お水取りのハードルも
高くなります。

深夜のお水取りってどうよ?

お水取り時間が”真夜中だ”
という理由のために、

そんな夜中に神社を
参拝するもんじゃないよ、と、

あなたを気遣って、
教え諭す母や家族の声を
振り切るように出かけるが、

夜中じゃ子供を連れて
家族で行くこともできない。

運が悪ければ小雨のそぼ降るなか
参道をたった独りでとぼとぼ進む。

夜の静寂のなかで、急に、
バサッと鳥が飛び立ち、
野犬が遠くでワオーと吠える。

月は雲間に隠れ、
星明かりもなく、

参道の砂利に足をとられ、
やぶ蚊に顔を刺されながら、
街灯にまとわりつく蛾に目をやり、

薄気味の悪さに鳥肌が立ちながら、

妙に生臭い風が首筋を逆なでし、
喉元に苦いものが上がってくる。

境内は神仏に護られているので
魔物なんていないはず、

と、心に言い聞かせても、

ここは稲荷神社だから、
動物霊はいるかもしれない、
などと余計なことに気が回り、

まるで、

世を忍ぶかのように
静まりかえった境内で参拝する。

パワースポットはどこなのかと、
うろうろ探し回るが、

パワスポパワーどころか、
暗がりでは不安感ばかりつのる。

社務所が開いてないから
お守りやお札も頂けず、

取水時間の真ん中頃になるまで
長いこと取水場で時間待ちする。

砂や小石が混じってないか、
濁ってないかどうか、

澄んで美しい水なのか、
暗くて確かめられないまま、

黙々と水を汲んではみたが、

御神水を飲んでも、
特別に美味さは感じない。

”気付き”のかけらも
湧いてこない。

できれば、

一刻も早くこの場を離れたい。

と、思うようなお水取りをして

あなたは、それでも、

絶対に自分は開運できると
信じられますか?

できることなら、

昼間の明るい時間帯に
お水取りをしたいと、

あなたは思いませんか。

代替日時の真価は…

もしも、あなたが、

格付けが高くて、しかも、
パワスポパワーが群を抜く社寺で、

明るく爽やかに安心できる昼間を
選んでお水取りできるとしたら、
どうしますか?

実は、

正規のお水取りの日時が深夜の時、
代替えできる日時があります。

『代替え日時』とは、
正規の日時に次ぐ効果があり、

年月日時刻を全て九星気学的に
吉方位となる刻限を割り出して、

会員の方々にご提供する
当会だけの独自サービスです。

ほかの流派では、
まず手に入りません。

ましてや、

一部に間違い日時の混じっている
広告だらけの素人サイトでは、
1万パーセント分かりません。

“代替え時”は、正規日の当日中で
時刻盤をずらした時間帯であり、

それでも、昼間にならない時は、
日盤をずらして、”代替え日”を
割り出します。

これは、特に、

正規の日時が深夜などの理由で
参拝や取水に不都合な時を選んで
利用します。

確かに、

純粋な九星気学的判断をするなら、
正規の日時にかなわないでしょう。

ですが…、

九星気学的最良時間と爽やかなお水取りが約束された時間は違う

真夜中に、背中の毛が
ぞわぞわと逆立ちながら、

苦くて薄気味悪い気分を
懸命にこらえて、

パワスポパワーどころか、
”気付き”のかけらもない
不毛なお水取りをするよりも、

正規の時刻では、
絶対にできないお水取りが、

爽やか
子供や家族をいつも気遣う
優しい母からニコニコ顔で

気をつけて行ってらっしゃい。
お土産楽しみにしてる。

と声かけられて出発し、

子供連れで夫婦揃ってでかけ、
前日に宿泊することもなく、

創建1000年を越える歴史と伝統、
荘厳なたたずまいを誇る重厚な社寺

きらきら光る朝日の参道、
頬をなでる爽やかな風と鳥の声、

小粒で真っ白な玉砂利が、
筋目に掃き清められた境内に
サクサクと歩を進め、

一段一段、拝殿へ登り、

子供や家族、両親の幸せを祈願し、
神仏から厚いご加護を頂き、

ご神体からあふれ出すような
パワスポパワーを思う存分に浴び、

みんなが満ち足りた気分になり、

甘露のような美しい清水を味わい、
絶妙のお水取りができるなら、

九星気学的な最良の時刻よりも
はるかに価値が高いと

あなたは思いませんか?

もしも、

価値あるお水取りをしたいと
あなたが、心から願うなら、

ぜひ、入会をご検討下さい。

年間会員・月間祐気取り相談↓
今すぐクリック

あなたが、
抜群のパワスポパワーと
格付けの高い社寺で

200%昼間にお水取りできるよう
手厚くサポート致します。

以上、

この記事が役に立つと思った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見も待ってます。

★夢を叶えるキーワード

「実践で真夏に汗を流す人」

編集後記

その1:千葉県八千代市の花火大会へ行ってきました

総数8,000発ですから、そんなに
大きな催し物ではありませんが、

夏の終わりを彩り、心に残る
大切な風物詩でした。

さて、来年のために、

近くにお住まいの方へ
耳寄りな情報です。

メガ・ドンキホーテ八千代
国道16号店の屋上が穴場です。

花火開始の30分前でも
かなり空いていました。

しかも、花火が始まると、
屋上の照明を消してくれたので
花火がとても鮮やかでした。

こんな粋な計らいをするなんて、
よその店の屋上では見たことない。

「おぬし、やるな!」です。

ただ、花火のことで、
ちょっと残念だったのは、

もう終わりかな、
と思ったら打ち上げ、

今度こそと思ったら打ち上げ、

何度も間があいて、
思い出したように打ち上げが続き、

まるで、

ちょろちょろとキレの悪い
爺ちゃんのおしっこのようでした。
(^_^;)?

それよりも、

少々時間が短くなっても
構わないから

ドンドーンと大きく盛り上げて、
スパッと終わって欲しい。

と思ったのは、
私だけでしょうか?

大会運営に携わった方へ
ごめんなさい。
m(_ _)m

その2:分からないことはサイト内で調べましょう

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内検索方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事