この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

お礼参りをいつもパスする方へ
お勧め度★★★★☆4.0

お供え

明日から9月に入ります。

今年、一番盛り上がる大吉月は
これから始まるので、

あなたには、全然ピンとこない
かもしれませんが、

11月の2ヶ月前になりますので、

今回は、2017年11月分のお水取り
レポートをお届けします。

以下、本文に続く

お水取りワンポイントレッスン

お礼参りはいつすればいいの?

あなたが社寺に参拝して、
その時の願い事が叶ったならば、

必ず”お礼参り”を致しましょう。

このお礼参りには、
隠語では、逆恨みや報復という
とても怖い意味がありますが、

本来は、祈願が叶った時に、
願掛けした神仏に御礼をするため
お参りすることを意味します。

で、問題は、

いつお礼参りをすればいいのか?
ということですが…、

願いが叶ったらできるだけ早く

というのが、原則です。
それが礼儀なのですから。

しかしながら、

社寺に出かけた時は、その方位が
吉方位だったと思います。

でも、

祈願が叶った時も同じように
吉方位とは限りません。

というか、

ほとんどの場合、
吉方位にはなってないと思います。

なので、

それが嫌さにお礼参りを渋る人が
います。

これがよくない。

普通の人なら、お世話になった人
のところへ、きちんとお礼に行く
くらいの常識はあるはずです。

ところが、

神仏ならば、バックれても(※)
構わないという不届き者がいます。

そんな人に訪れた幸運は、
まもなく、倍の厳しさで
引っぺがされます。

隠語のお礼参りよりもっと
恐ろしい”お礼参り返し”です。

※ バックれる

しらばっくれるの隠語

社寺の境内はたとえ凶方位でも凶意はまったくない

ですから、

お礼参りを躊躇するような凶方位の
影響は全然ないのです。

それに、先日、

東北方位には一発大逆転の象意が
あるので、そうそう多用しては
いけないと教えましたが、

東北方位の社寺へ行き、
お礼参りをしようとして、

奈落の底へ運が急転するはずが
ありません。

東北方位へお礼参りするのを
ためらう理由はないわけです。

でも、まあ、

遠くの社寺で祈願をしたので、
なかなかそこまで行けないという
ことはあるでしょう。

そんな時には…、

御礼の手紙を添えて初穂料をお納めする

という方法があります。

これならば、どんなに遠くても
郵送するだけなので、義理を欠く
おそれがないはずです。

ここまでお教えしても、

願いを叶えていただいた
神仏への儀礼をパスする人は、

たぶん、

むにゃむにゃ…な運命が
待っていると思います。

( ーノー)o/”Ω ポクポクポクポク…

Ω\ζ゜)チーン

2017年11月のお水取り

【今年の九星盤】

2017年は一白水星年です。


年の五黄殺:南
年の暗剣殺:北
年の歳破殺:東

【11月の九星盤】

2017年11月は八白土星月です。


11月の五黄殺:南西
11月の暗剣殺:東北
11月の月破殺:東南(巳)

【11月お水取りがお休みの方】

一白・二黒・三碧・
六白・七赤・九紫

【お水取りの日程】

★11月亥 八白月盤
1107火1438~1207木0733

■東南辰方位:五黄・八白の方

11月16日(木)
11月25日(土)

■西方位:四緑の方

11月16日(木)
11月25日(土)

■西北方位:五黄・八白の方

11月16日(木)
11月25日(土)*亥方位限定 戌日破

★夢を叶えるキーワード

「実践で真夏に汗を流す人」

編集後記

その1:暮らしのスゴ技

『1000円のテーブルワインが
高級ワインに大変身?』

まず、杉や檜で作られた香りの
良い割り箸を準備します。

竹製は香りがないので不適です。

テーブルワインのコルクを開け、
割り箸を10本位入れフタをします。

そのまま10-20分ほど待って、
その後、取り出します。

すると、

割り箸の木の香りがワインに
溶け込んで、素人なら見破れない
高級ワインに大変身。

その理由ですが、

テーブルワインはステンレス製の
大樽で熟成されるので、木の香り
は全然しません。

ところが、

高級ワインはミズナラ(※)などの
木製の樽で熟成されるので、

割り箸から溶け込んだ香りにより、
木樽の熟成香に近付けるからです。

※ ミズナラ

ワインの樽は、樫の木(オーク)で
作ると日本では思われていますが、
実際は、それは間違いです。

樫もミズナラもまとめてオークと
訳されますが、現地で樽に使われる
素材はミズナラです。

樫では固すぎるからです。

以上、

この記事が役に立つと思った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

その2:分からないことはサイト内で調べましょう

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内検索方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事