この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

想像

前回、イメージングで成功体験を
味わうには、短期目標をイメージ
するとお話ししました。

ですが、

イメージして、その後で実践する
なら、二度手間になる。

だったら、最初から実践した方が
いいし、イメージングなんかする
必要がない。

という意見があると思います。

ところが、それには
ひとつ勘違いがあるのです。

というのは、

以下、本文に続く…、

運を鍛える開運のレシピ

お水取りのイメージングはシミュレーションとは違う

手順が分かっていることを、何度
も繰り返しイメージすることを、
シミュレーションといいます。

これは、練習段階で本番の模様を
心と身体に刻みつけて定着させる
ための方法です。

ところが、

お水取りのイメージングは、潜在
意識を刺激して働かせるために
行うものです。

祈願を叶えるために必要な情報を
潜在意識に拾い集めさせるのが、
イメージングの目的です。

前回、イメージングのやり方を、
次のように説明しました。

あなたはお店を経営しているとします

月10万円の売上げ増を目標とし、
単純にそれをイメージするのでは
なく、

普段の客単価が1000円ならば、
10万円売上げ増を達成するために、

広告ちらしを10,000枚配り、
1%の来客を期待する。

来客のつど、200円の追加注文を
受けられるようなメニューを提示
して、500人の販売を期待する。

1000円余分に買って貰えるような
クーポンを500人の既存客に配り、
20%のリピートを期待する。

そして、上記3つの施策を組み合
わせて総合的に目標を達成する。

で、これをイメージはできますが、

実際に手を付けるには、まだまだ
詳しいやり方やテクニックが不足
することに気付きます。

ちらしはどんなふうに作るのか?
追加注文メニューは何にするのか?
何のクーポンを作るのか?

実践の段階では具体的なアイデア
がもっともっと必要になります。

ですから、

イメージングによってアイデアを
捻り出すという仕事を潜在意識に
期待するわけです。

なので、

この場合のイメージングは手順が
定まった内容のシミュレーション
にはなりません。

なので、

イメージングのままでは実践には
情報不足なのです。

編集後記

その1:梅・桃・桜は順番に咲く

うちには、梅と桃がありますが、
桜はありません。

で、今は、梅が真っ盛りです。

そして、そろそろ、桃の季節です。

何しろ、ひな祭りは
桃の節句ですから。

そして、最後に桜の出番です。

そもそも、梅と桃と桜には
共通点があります。

それは、同じ「バラ科」の植物
ということです。

他にバラ科でお馴染みの植物には、
リンゴ・梨・いちじく・アーモンド

それに、イチゴもバラ科なんです。

ですから、バラ科同士ならば、
交配させることができます。

梅の木にイチゴの実が成ったら
嬉しいですね。

梅だと梅干しや梅酒にしなければ
食用になりませんが、イチゴなら
そのまま食べられます。

できるなら、
試してみたいもんです。
w( ̄Д ̄;)wワ-オッ!

その2:勝浦ビッグひな祭り2017年版の動画ができました

その3:座布団を頂けますか?

この記事が気に入って頂けたら
ホームページの”いいね”ボタンを
押して下さい。
m(_ _)m

ご感想の投稿は大歓迎です。
投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
39@@kaiun.pw
(@はひとつで送信)

★夢を叶えるキーワード

実践が大開運の実を結ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事