この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

日光の観光で足湯をGETできる穴場はどこか?



さて、今回は、

栃木県の足湯レポートです。

栃木県のお水取り神社と言えば、
日光二荒山神社が筆頭です。

関東のお水取り愛好家なら、

二荒山神社の名前を知らない人は
いないほどの有名神社です。

大吉月に日光二荒山神社でお水取り

こちらでは、

ご神苑(入場有料)、または手水舎
で自然水をお水取りできますが…、

以下、本文に続く。

祐気取り足湯情報

日光は標高が高いので冬場はかなり冷え込む

二荒山神社や日光東照宮付近では
標高が634m。

中禅寺湖では、その倍の1269m。

ですから、

冬場のお水取りには
かなり環境が厳しいのです。

で、お水取りの後、

境内で冷えた体を温めるため、即
足湯をご案内したいところですが

「目と鼻の先」の超近場には、
残念ながら足湯はありません

ですが、

日光と言えば、
近くにはなんと言っても
鬼怒川温泉があります。

それに、とりあえず、

二荒山神社と同じ日光市内
でもあるのです。

鬼怒川温泉の足湯はここだ!

☆鬼怒太の湯

〒321-2522
栃木県日光市鬼怒川温泉大原
1398-15
東武鬼怒川温泉駅前すぐ

栃木県観光物産協会
https://www.tochigiji.or.jp/spot/1056/

問合せ:
地域振興部藤原行政センター
産業建設係
0288-76-4107

地図:http://ur0.biz/NCnJ

料金:無料
営業09時-18時
休業日なし

駐車場:
東武鬼怒川温泉駅前に
30分まで無料の駐車場あり。

特徴:
「鬼怒太」とは、鬼怒川温泉の
シンボルキャラクター。

泉質は、アルカリ性単純温泉で、
効能は神経痛、筋肉痛、関節炎等。

土日祭日をメインとして、観光客
でかなり賑わっています。

☆鬼怒子の湯

〒321-2521
栃木県日光市藤原1-15
(くろがね橋横)

問合せ:
地域振興部藤原行政センター
産業建設係
0288-76-4107

地図:http://ur0.biz/NCnS

料金:無料
営業09時-17時
休業日なし

駐車場:
無料の「湯の街公園駐車場」から
歩5分ほど。

特徴:
「鬼怒子」とは、鬼怒川温泉の
シンボルキャラクター鬼怒太の妹。

泉質は、鬼怒太の湯と同じく
アルカリ性単純温泉。

効能は神経痛、筋肉痛、関節炎等。

鬼怒川渓谷の絶景を見下ろす
最高のロケーションにある。

お水取りの旅行に限らず、
日光にお出かけの節には、

あなたも一度、この足湯に
浸かってみては、

いかがでしょうか?

でも、タオルは忘れずにね。

まぁ、温泉街なので、コンビニ
あたりでも買えるのでしょうが。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

冬バージョン
『冬ごもり 力を貯めて春を待つ』

編集後記

日光にはもうひとつ足湯がある

それは、
「あんよの湯」といいます。

奥日光湯元温泉の源泉をひいた
足湯で、泉質は単純硫黄泉です。

効能はリウマチや高血圧等です。

もちろん、こちらも無料ですが、

とても残念なことに、
冬場は休館しています。

つまり、

足湯が重宝される12月から3月まで
はお休みです。

なので、

当初、今回のレポートには
入れなかったのですが、

もしかしたら、あなたがお出かけ
されることがあるかもしれません。

そこで、

簡単に基本情報を記しておきます。

【あんよの湯】

栃木県日光市湯元
0288-53-3795
日光総合支所観光課

営業:9時~20時
定休日なし
ただし、12月~3月は休館

東武バス湯元温泉バス停歩5分

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事