地相は気の流れを重視する!家相風水の極意とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

風水でいう気の流れは気難しい!

家相風水では、

道路を通って良い気が入って来る
家(土地)が好ましい。

と言われています。

つまり、

家(敷地)と道路の立地条件が問題に
なるわけです。

ところが、

道路から入って来る気が、

直に家へ向かっている場合は
かえって良くありません。

気の流れって、
ずいぶん気難しいんですね。

以下、本文に続く。

風水家相豆知識

T字路の突き当たりの家は良くない

この図をご覧下さい。


道路から来る気の流れが

家へ一直線にぶつかっているのは
凶相の土地です。

一見、

気の流れがいっぱい入ってきそう
と思うところですが、

これでは、強過ぎてしまいます。

このような道路では、

T字路を曲がり損ねた車が、
家の中へ突っ込んでしまう可能性も
あるでしょう。

つまり、

道路を通ってくる気の流れは、
それを真っ向から受けるのでなく、

流れに沿ってしみわたるように
受けるのが上策というわけです。

その意味で、

T字路の両サイドの家は吉相に
なります。

そして、

これの応用と考えれば
いいのですが…、


カーブの外側の家はよくない

この図をご覧下さい。


このようにカーブの外側に位置する
家はよくありません。

道路から来る気の流れを真っ向から
受けてしまうからです。

逆に、

カーブの内側に位置する家は、
吉相の家になります。

道路に接する部分が狭い土地はよくない

この図をご覧下さい。


鰻の寝床のような細長い土地、
旗ざお型の土地など、

道路に接する間口の狭い土地は、

道路を通る気の流れから受ける量が
少ないので好ましくありません。

袋小路は気の流れが止まってしまう

特によろしくないのが、

袋小路のドン詰まりにあり、
気の流れと直に衝突する土地。

これでは、気がスムーズに
流れていきません。

このように、

道路を通る気の流れから
良い気を受けるためには、

それなりに気難しい条件が、
課せられるようです。

では、

これを克服する方法はあるのか?

残念ながら、この点については
めざましい方策は見当たらない
ようです。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

夏バージョン
「お水取り真夏の汗が実を結ぶ」

編集後記

袋小路の先に続く道?

私の家の前の道路は、袋小路です。

ただし、

自動車ではその先は通れませんが

徒歩や自転車なら、

突き当たりの畑(あぜ道)を通って
向こうの道路につながります。

犬の散歩で通る人もいます。

ということは、

厳密な意味では、
袋小路ではないとも言えます。

というか、近い将来に、

きちんと向こうの道とつながれば
いいのになぁ、と思ってます。

その方が、気の流れも良くなるに
決まってますよね。
Y(^_^)Y

気学で分からないことの調べ方

お水取り祐気取りの百科事典

サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事