天赦日

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

天赦日お水取りプレゼントでお水取りした方のレポート紹介

天赦日

去年の12月に天赦日のお水取りを
読者の方にプレゼントしました。

今回の記事は、その時、お水取り
日時をプレゼントして差し上げた
○○さんの、

貴重なお水取りレポートを
ご紹介致します。

以下、本文に続く

甲府はお水取り神社がたくさん

○○さんのお水取りレポート
~~~
毎回頂く祐気取りに関する
お知らせの内容が、

たまたま、2017年12月3日(日)に
代替日で祐気取りができるという
内容でした。

私は四緑木星ですが、九星の中で
一番吉方が取れないので、

今回も自分には関係ないと感じて
いましたが、

今回は四緑木星も対象ということ
だったので、

先生にメールで時間を教えて頂き
祐気取りをすることにしました。

割と急に決まったので、
どこにするか難航しましたが、

西の方角ということ事でしたので

祭り好きな私は、ちょうど奥三河
に伝承されている、

国指定重要無形文化財の
「花まつり」の時期と重なって
いたので、

祭り見学と合わせて行こうと
思っていました。

よくよく確認すると、
奥三河は西の方位ですが、

西南との境目だったので、
断念することにし、

お水取りのスポットが多い
甲府市内にしました。

車を持っていた頃は、昇仙峡界隈
の神社にしていましたが、

ここ数年は甲府駅から近い
稲積神社にしていました。

幸いなことに、今回は友人の車を
借りる事ができ、

以前祐気取りでお礼参りを
済ませていない神社へのお礼参り
を含めて、

昇仙峡の界隈の神社を目指しました。

朝、4時頃に起きて車を飛ばし、
7時に甲府市内の湯村温泉ホテル
B&Bに着き、

地元産の食材を用いた朝食付きの
源泉掛流しの温泉を堪能しました。

そして、

昇仙峡界隈の神社の筆頭格、
甲斐国総社で武田家の勅願所で、

一番最初に祐気取りを行った
金桜神社に行きました。

今回は別の場所でお水取りをし、
こちらへはお礼参りで参拝しに
来たのですが、

ちょうど鎮火祭りという、
全国的にも珍しい火にまつわる
神事が始まる直前で、

神職の方に良かったら参列して
下さいと言われました。

神という言葉の由来は、
火水(かみ)から来ている
とも言われ、

これから祐気取りをする私には
幸先が良いと思い、
有りがたく参列しました。

夫婦木神社の上社も参拝し、
個人宅で神社を祀り、

お水取りもできる所も
立ち寄ったのですが、

橋の拡張により家は移され、
神社だけはそのまま残され、

お水取りが出来なくなって
しまいました。

観光客でなく地元の人が通う、
山梨名物のほうとうの名店で
昼食を済ませ、

今回お水取りをする夫婦木神社の
下社に到着しました。

久しぶりに訪れた夫婦木神社の
御神職の方は、

かなりスピリチュアルな空気を
醸し出しており、

お水取りをさせて頂いただけ
でなく、

色々とお話しもして下さり、
ダメ出しもされましたが、
親身に接して頂きました。

昇仙峡の紅葉と景色を堪能し、
稲積神社へもお礼参りも済ませ、

正徳寺温泉というこちらも
源泉掛け流しの温泉に浸かり、

先ほど家に到着しました。

今日が天赦日で日付が変わり、
その数十分後に満月という、

何だか凄い1日を過ごした気が
します。
~~~

後日に提供頂いた追加情報

~~~
情報を若干追加します。

湯村温泉B&Bの朝食付き入浴のセットは
ホテルのウェブで更に安くなります。

地元の人が行くほうとうの名店は、
櫻木神社の荒川ダムの側にある、
「民芸茶屋だいこく屋」です。

正徳寺温泉は和食割烹の店が経営して
いるので、店構えも温泉というよりは、

そういう感じですので、
温泉に浸かった後は、

こちらでの自家製有機野菜を使った
食事がお勧めです。

紹介した2つの温泉は、近場の割には、
泉質が違っている気がしたのも、
楽しめました。

後者は山梨県で人気のある立ち寄り湯の
ほったらかし温泉に場所的に近く、
泉質も似ています。
~~~

金桜神社はお勧めのパワスポ

今回、読者の方のレポートを
ご紹介しましたが、

金桜神社はとても
素晴らしい神社です。

金桜神社の記事をご覧下さい。
金桜神社のパワスポパワー

紹介動画もありますよ。

以上、

この記事が役に立つと思った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

冬バージョン
『実践の種蒔き、新芽の春を待つ』

編集後記

甲府市金桜神社のパワスポはパワーが降るのが目に見える!

と言ったら、

あなたは信じますか?

もしも、信じられないならば、

一度、当会のパワスポ体験会に
ご参加下さい。

今年は、金桜神社で開催しようと
思ってます。

時期は、7月を予定してます。

ですから、

半年も先のことですが、
参加したいと思う方は、

このメールに返信して、
お申込み下さい。

今から参加申込みを下さった方は
無料でご招待致します。

お申込み期限は2月末までです。

それを過ぎると、
有料になりますので、
悪しからず…。

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事