確認

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

kakunin

メルマガ担当の九星気学
コンサルタント碓氷です。

今回のテーマは、
“お水取りは事前確認しないと
大損する”です。

日光二荒山神社は、お水取りの
ピーク時期は、開門時間を早く
することがあります。

でも、

この神社は本当にギリギリ
まで公表しないんです。

今回は、それについて
ご紹介いたします。

以下、本文に続く

お水取りワンポイントアドバイス

お水取りの前日に再々確認した人が得をしちゃった!

私が10月下旬に、社務所へ確認の
電話をいれたときは、

11月27日は、9時に開けるけれど、
9日・18日は開門時間を早めるかは
決めてないとのことでした。

その時は、月末には決まるので、
神苑の開場も含めて、改めて確認
し直すしかないなと思いました。

(10月24日の記事をご参照下さい)

そして、

お水取り直前に確認したら…

11月27日に二荒山神社へお水取り
へ行きたい会員さんがおられて、

宿まで予約していたので行き先を
変えられません。

そこで、

お水取り時間に間に合わない時の
ために、神社以外のお水取り場所
を色々ご紹介しておりました。

ところが、どっこい、

この方は、”虫が知らせた”のか、
前日に再々度、社務所に確かめた
わけです。

すると、

27日は07時30分に開けるとの
回答を得たのです。

えーっ!

私が10月に尋ねた時は、
27日は9時に開けると言ってたのに、

前日に確認した人には、
早く開けると回答したのです。

私の尋ねた相手がウソを言った
とは思いませんが、

開門時間を早めるかどうかの
権限がない人に尋ねても、

結果的に、正しい答えは返って
来ないことを痛感しました。

尋ねる相手によって返ってくる答えは変わる

これって、普通ならば、
「嘘つき!」って怒るところかも
しれません。

ですが、

私は人間ができていますので、
ぜんぜん怒っていません。
(*`ε´*)

※ 教訓 ※

お水取りに限らず、
あなたが人に何かを尋ねたら、

尋ねた相手のレベルによって
回答が違ってきます。

ですから、

下っ端にものを尋ねたら、
一度は疑ってみてもいいかな…。

でないと、

絶好のチャンスを逃したら、
後でその人を恨むことにも
なりかねないです。

その人というよりも、
ウソを言われた組織や会社を
嫌うことになる?

なので、

無用な偏見を持たないためにも、
再々確認の慎重さを持てば、
いいのでしょう。

二度手間はかかりますけど…

というか、

最初から尋ねる相手を選べ、
ということです。

でも、電話で相手を選ぶのは
ちょっと難しいかもね。

「責任者を出して下さい。」
これなら大丈夫かな?

でも、出てきた相手が下っ端なら
やっぱり一緒…。

あなたも、同じ質問を同じ会社の
別の人にしてみて下さい。

すると、

答えの食い違うことが、
意外にあるんだって分かります。

お水取りの行き先は事前に必ず確認の電話を入れる

私の場合には、二荒山神社に
事前確認の電話をしていたが、

ホントに正しい回答は、
得られませんでした。

ですが、

少なくとも、確認の手間を省いた
わけではありません。

特に、初めて行く社寺については
事前確認や下見が必須です。

でないと、

行ってみてから、祭礼や井戸工事
のためお水取りができなかった。
ということにもなりかねません。

宇佐神宮の取水場所が分からないと、
当日の朝になってから、当会に
お尋ねになった方がいました。

社務所へ事前に尋ねておけば
すぐ分かるのに。

幸い、その方には取水場所を電話
で教えられたので、取水時間には
間に合いました。

うまくいかなかったら、

その方は、境内をウロウロして、
時間に間に合わなかったかも
しれません。

宇佐神宮はかなり広いのです。

そんな時に、恨まれるのはこちら
なので、困ったもんです。
(筋違いですけれどね)

冬場だと、凍って水が出ないとか、
道路が閉鎖しているようなことも
しばしばです。
↑経験者は大いに語る

温泉だってそうです。

行ってはみたが営業時間外とか、
お店はとっくに閉めていたとか、
よくあります。

それに、つぶれる温泉って
けっこう多いんですよ。

近くのスーパー銭湯を見て下さい。
経営会社が変わっていることが、
よくあるでしょ。

編集後記

その1:言い分けをするのではないのですが…

当会の会員専用サイトでは、
全国400カ所以上の社寺や温泉が
リストになってます。

ですが、

お水取りのつど確認しないと、
実際に行ったら、その日は都合が
合わなかった。

という、残念な結果が
待っていることもあります。

社寺や温泉は当会の直営店では
ないので、1年中100%把握して
いるのではないのです。

ですから、

ご自分の幸せのため、事前確認は
省略しないようにして下さい。

その2:座布団を頂けますか?

この記事が気に入って頂けたら
ホームページの”いいね”ボタンを
押して下さい。
m(_ _)m

ご感想の投稿は大歓迎。
投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。

39@@kaiun.pw
(@はひとつで送信)
サンキュー@開運パワー

★夢を叶えるキーワード
実践が大開運の実を結ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事