中途半端

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

年盤と月盤の吉凶が異なる旅行

中途半端

ある八白土星の人から、
旅行方位の吉凶について
ご相談がありました。

で、旅行の行き先は、

年盤と月盤の吉凶が食い違って
いました。

それが、とても気になって
いるようなのです。

以下、本文に続く。

開運ミニ相談

年盤と月盤の影響力は距離と滞在日数で異なる

この人の行き先は、
自宅から約400kmであり、

年盤の影響力が強い500km以上
ではないけれど、

かといって、

完全に月盤の影響力が強い距離
ともいえない距離です。

年盤と月盤の影響範囲は
こちらを参照

そして、また、

2泊3日なので、年盤の影響力が
強く出る6泊7日以上の長期旅行
ではありません。

何とも中途半端な状況なのです。

この方のご相談はこちら

~~~
八白土星です。

今月30日から東京から大阪に
2泊3日行きます。

月盤が凶方位で年が吉方位です。

4泊くらいに延長した方が
凶方位を消して年の吉方位を
受けられるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
~~~

~~~
年盤と月盤の吉凶が異なる場合は、
どう転んでも中途半端です。

ただし、

滞在期間と移動の距離によって、
年盤が強いのか、月盤が強いのか
それが分かれます。

6泊7日なら年盤が強いでしょう。

では、5泊なら、まあ年盤が強い。
4泊なら???

そんなに小刻みに考えても
あまり意味がありません。

東京→大阪の距離は約400kmで 、
月盤の影響力が年盤よりも少し
強いようです。

この記事をご覧ください。

~~~

~~~
お返事ありがとうございます!

月盤が本命殺ですが、

それなら、

2泊で帰って凶作用を弱めた方が
良さそうでしょうか?
~~~

この方は、どうしても細かく
考えたいというご様子なので 、

ホームページの記事で
回答することとしました。

年盤の吉効果を享受したい時は…

行き先は大坂と決まっているので、
この場合、滞在期間を長くすれば
年盤の影響範囲になります。

つまり、

6泊7日以上ならば文句なしで吉。

5泊でも、まぁ良し。

しかし、

さらに少なくして、
4泊では…、3泊では…と、

細かく刻んで考えても
あまり意味はありません。

どうしても吉にしたければ、
無理をして下さい。

ですが…、

2・3日程度の旅行で方位の吉凶を深く考える必要はない

それが結論です。

方位が吉なら行くが、
凶なら行かない。

という強い覚悟があるなら、
それも結構ですが、

この方の場合は、

何かの理由で行かなければ
ならない旅行だと思います。

であれば、

年盤が吉だけど、月盤が凶だ。

などと、つまらんことを
気にする必要はあなりません。

なぜかと言うと、

超遠方へ長期旅行をするなら
それなりに影響は出ます。

それが、引っ越しなら
もっと厳しいでしょう。

ですが、しょせん、
2~3日程度の旅行なので、

吉でも凶でも、さほどの影響は
ありません。

そんなことを気に病むと、
かえって精神衛生上不健康です。

また、

単に、素の旅行をするのと
お水取りとでは全く違うのです。

というのは…、

お水取りは方位の吉効果を何倍も増幅させる

お水取りは、方位の吉効果を意識
して行うものです。

つまり、

元々祐気取りが目的なのです。

で、お水取りのテクニックを使い、
方位の吉効果を何倍にも高めます。

だから、開運に効きます。

ところが、

ただ旅行するだけなら、

方位が吉であろうが、
凶であろうが、

お水取りをしないので、
何倍にも増幅はしません。

吉凶は素のままなのです。

だから、大したことはない、
と申し上げるわけです。

でも、

凶方位と分かっていてお水取りを
するなら、

凶意が何倍にも増幅するので、
恐ろしいことになります。

でも、普通の人なら、

そんな凶方位のお水取りを
わざわざやったりしませんので、
大丈夫です。

ですが、ただひとつ、

問題が発生するケースがあります。

それは…、

方位と日取りを間違えた場合

吉方位と信じて、
凶方位のお水取りをすることに
なります。

これが最も恐ろしいこと。

開運どころか、
運勢が急転直下の大暗転です。

それが自己流の最大の欠点です。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

秋バージョン
『実践で実りの秋は黄金色』

編集後記

10月も終わりです

2018年もあと2ヶ月になりました。
来年は、平成の元号も変わります。

何に変わるのかは、
まだ分かりません。

元号が変わると困るのは暦です。

なので、

いっそのこと和暦をやめ、
西暦にそろえたらどうか?

という話も持ち上がってます。

もしも、

官公庁がそうすると、
和暦を使わなければならない
ケースは激減します。

世の流れなのかもしれませんね。

気学で分からないことの調べ方

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事