電灯

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

気付きに自信がないから実践できない

あなたがお水取りに行ったら、
これが“気付き※”だ。

※ 気付き

願い事を実現するために必要な
ものごとに気付くこと。

と、確信を持てるようなケースは
それほど多くはないでしょう。

何かしらインスピレーションが
湧いてきたけど、

それがうまくいくかどうか?
それが本物の“気付き”どうか?

あまり自信が持てない。

というケースが
ほとんどだと思います。

なので、

多くの人は、
実践に移せないんですね。

体が動かないんです。

すると、

以下、本文に続く。

開運豆知識

どんなに良い気付きでも、実践しなきゃ何も変わらない

幸運は、口を開けて
ボーッと待っていても

勝手に口の中に飛び込んで
きてはくれないのです。

ですが、

せっかくインスピレーションが
湧いてきたのに、

ひょっとしたら、

それは、宝の山なのかも
しれないのに

何にも行動しないのは
もったいないと思いませんか?

もしも、

その”気付き”は絶対に宝の山だ。
という保証があったとしたら、

あなたはどうしますか?

~~~
そりゃー、

保証があるならやるさ!
~~~

でしょう。

では、

保証がなければやらないですか?

~~~
ううーん、

たぶんやらない、と思う。
~~~

では、あなたは、

誰かの保証がなければ
人生の道を前に進まないですか?

それとも、

保証があろうがなかろうが
前に進むしかない。

と思いますか?

・・・?

失敗は成功のもと

誰でも未知の世界に飛び込むのは
不安があるのは分かります。

でも、

人生を切り開くのは自分自身です。

ですから、

保証が欲しいなどとは
考えないことです。

発明王エジソンは、

白熱電灯のフィラメントに適した
材料を見つけるまでに

6000回以上の実験をしました、

つまり、

6000回以上失敗したのです。

そして、ある日、

ふと目に付いた扇子の竹を
試してみたら、

約200時間点灯したそうです。

それから、さらに、

世界中の竹を1200種以上かき集め
実験を続けて、

とうとう、

最も長く点灯し続けた竹に
巡り会います。

それは、京都の竹で
2450時間点灯したそうです。

以来、

京都の竹がエジソン電灯会社に
輸出され、

世界中に明かりを灯したのです。

結局、

白熱電灯の完成までに
1万回の実験を失敗したとのこと。

でも、本人は、

~~~
実験は失敗していない。

この組み合わせはうまくいかない
ということを発見した。
~~~

と語っています。

ですから、あなたも、

1度や2度の失敗で懲りずに、

夢の実現に向けて気付きを実践し、

何度も挑戦して欲しいと
思うのです。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

春バージョン
「実践で夢の花咲くお水取り」

編集後記

家内が孫のところへ行ってる間猫の世話をしてます

何も虐めたりしてないのに、

いつもは、私から逃げるような
動きをしていましたが、

今、エサをやるのが私だけなので
媚びるような態度を見せます。

時には、

膝の上に乗ってきたりします。

やっぱり、ペットにとっては
エサをくれる人が大切なんですね。

気学で分からないことの調べ方

お水取り祐気取りの百科事典

サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事