御岩神社御神水

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

なぜ、祐気が地下水に含まれるか知りたい方へ

お勧め度★★★★★5.0

御岩神社御神水

お水取り候補地を調べている時、

取水場の現地で汲み上げてなく、
遠くで湧く地下水を引いている
場合があります。

つまり、

山奥の湧水をふもとの取水場まで
導水している例はよくあります。

ところが、

遠くで湧く水を引いていたら、
お水取りにはあまり適当でない
という意見の流派があります。

それって、本当なのか?

今回は、これがテーマです。

以下、本文に続く

開運豆知識

御神水には吉方位の祐気が含まれている

実はそれだけでなく、御神水には
3つのパワーが含まれています。

1.九星気学上の吉方位の祐気

これは方位と日時がキーポイント
になります。

2.社寺またはパワスポのパワー

いわゆる御神水・御霊水の力

3.温泉や鉱泉と同じく、中に含ま
れている薬効成分の効能

これは科学的に証明されており、
温泉法で規定されているものです。

この3つのうち吉方位の祐気は、
お水取り時間内に取水した時だけ
含まれています。

これについては、改めて説明する
必要もないでしょう。

問題は…、

御神水の祐気は陽光に当たると消滅する

ですから、

山奥の湧出場所が露天になって
いたら、祐気は消えます。

もしそうなら、雨水が混じる
おそれもあるでしょう。

ですが、

そのような設備から引水する例は
ほとんどありません。

というか、

わざわざ、露天に注いでから送水
するメリットがないのです。

衛生環境を悪くしてから湧水を
送水する理由がないからです。

そんなものを、ありがたく思って
使う人はいないのです。

つまり、

湧出場所から送水する場合は、
一切、露天には致しません。

天蓋付貯水槽にいったん汲み上げ
てから配水する例はありますが、

これはフタが付いてるので、
もちろん陽光は遮蔽されます。

ただし、

はるか昔の取水設備は別です。

山奥から引いてくるだけで
ありがたいと考えた時代なので。

ですから、

大昔の取水設備が、そのまま
残っているのか、

それとも、

新しくされているのかが、
チェックポイントです。

御神水の祐気は水道管に入ると消えるのか?

要するに、自然の水脈から人工の
鉄管に入ったら祐気が消えるのか?

という疑問です。

例を上げて考えてみますと、

地下1000mから汲み上げる水は、
垂直に1000m移動する時に、
祐気が消えるのか?

というと、

そんな話しはありません。

また、

御神水をステンレスやアルミの
水筒に入れたからといって、
祐気は抜けません。

それが、鋼鉄管でも同じです。

引き水では水は水平に移動する

であれば、

自然水が水平方向に移動するのが
悪いのか?

もしも、

ご自宅から見て凶方位の範囲で
湧き出た自然水が、吉方位の範囲
の取水場に配水されていたら、

それは、もはや吉方位のお水とは
言えません。

であれば、

原水がどこで湧いているのか、
どこで汲み上げられているのか、

ご自宅から見て吉方位の範囲に
入っているのか?

これが問題になります。

10kmを越えるような遠距離から
引いているような水なら、

湧出点がどこなのかをあらかじめ
調べておくべきです。

では、

それはどうすれば調べられるのか?

引水している場合、多くの取水場
では、湧出点が表示されています。

それで調べるのです。

それでも調べられなかったら、
候補から除外するしかないですね。

祐気の正体とは何か?

祐気とは何か?

これは、現代科学では明らかに
されていません。

いま、天文学や物理学で話題の
ダークマターのようなものかも
しれません。

いずれ、解明される日が来たら、
楽しくなりそうですね。

以上、

この記事が役に立つと思った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

『実践で実りの秋は黄金色』

編集後記

その1:風邪をひいて病院に行きました

柿が赤くなると医者が青くなる
といいます。

我が家の柿の実が、だいぶ赤く
なりました。

そろそろ食べ頃になったのを、
試しに食べてみたら、

甘ーい。
(安達祐実と離婚した
スピードワゴンの井戸田潤)

でも、

食べ頃になるのが少し遅かった。

もう少し早ければ、医者いらず
だったのに…。

残念!
(ギター侍)

ネタが古かったですか?

こりゃまた失礼しました。
(植木等)

その2:分からないことはサイト内で調べましょう

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内検索方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事