財布

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

近々中に財布の買い替えを予定している方へ

財布

九星気学コンサルタント碓氷です。

以前、金運に縁起のいい財布を
いつ入手するべきかについて、
ご案内致しました。

それは、もちろん、
言わずと知れた「天赦日」です。

分かってはいても、
間際になってから言われないと
忘れてしまいます。

さらに、その日は、

財布を買う日取りなのか?
使い始める日取りなのか?

人にプレゼントするときは
どうすればいいのか?

迷いますよね。

今回は、これがテーマです。

以下、本文に続く

開運豆知識

天赦日とは何か?

ネットの百科事典wikiでは、

この日は、百神が天に昇り、
天が万物の罪を赦す日とされ、
最上の大吉日である。

そのため、天赦日にのみ
「万(よろづ)よし」とも
注記される。

ですから、特に、

新規事の開始には最強の日です。

引っ越し、婚礼、結納、入籍、
出生届、事業初め、財布の新調
などなど。

また、天赦日は、

1年で5-6日しかないので、
希少価値の高い吉日ですが、

大安とどっちが上なのか?

大安は6日に1回やってきますから
年に61-62回あります。

比べてみれば、
希少価値は一目瞭然です。

天赦日は大安よりも超格上!

ところが、

天赦日という字面に反応する人は

「別に悪いことをしてないのに、
なんで赦してもらう必要があるの」

なんて、へそを曲げないで下さい。

素直に、ありがたく使わせて
もらえばいいのです。

2018年の天赦日

2018年の天赦日は、他の吉日に
かなり重なっています。

甲子の日、一粒万倍日、
寅の日、大安など

・冬の天赦日

02月01日(木)+甲子の日+一粒万倍日

・春の天赦日

02月15日(木)+寅の日+大安
04月16日(月)+寅の日

・夏の天赦日

07月01日(日)+一粒万倍日

・秋の天赦日

09月13日(木)+一粒万倍日+大安

・冬の天赦日

11月28日(水)+甲子の日

張る財布は春に買え!

「お金がぱんぱんに張る財布」で
春財布の縁起かつぎなので、

お財布を買うならば、
春の天赦日が絶好になります。

よって、ズバリこの2日です。

・春の天赦日
02月15日(木)+寅の日+大安
04月16日(月)+寅の日

人にプレゼントするならば…

「買う」という行為は、
所有権の移転を意味します。

つまり、

所有権が移った時が、
自分のものになった時です。

ですから、

プレゼントするならば、
天赦日の当日に渡せばいい。

ということになります。

でも、

事前に買っておかないと、
当日では渡せないこともある…。

そこで、

02月01日(木)に買っておいて、
02月15日(木)にプレゼントする
という考え方もあります。

特に、

02月01日(木)は、
天赦日だけでなく+寅の日+大安

なので、

買う日取りとしても絶好ですよ。

天赦日に財布を入手するのか、使い始める日にするのか?

お財布は、使い始める前に、
お札の記憶を馴染ませるのがいい。

という話しを、あなたは
聞いたことがありませんか?

要するに、

日常的に使う前に、
ピン札をギッシリ入れて、
金持ち財布にしてしまう。

という考え方です。

これも一理あります。

ですが、

九星気学的に何日間が適当か?
という基準はなさそうです。

となれば、

お財布を頂いてから数日間、

自分が気の済むまで、
ピン札を入れて金持ち財布にして

それから正式に使い始めると
良いのではないでしょうか。

以上、

この記事が役に立つと思った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

冬バージョン
『実践の種蒔き、新芽の春を待つ』

編集後記

その1:今のお財布は様変わり

現代のお財布は昔の財布とは
まったく異なります。

もはや、

現金が入っているだけが
お財布とはいえません。

キャッシュカードは当然ながら、
お財布携帯すら登場しています。

ですから、

お財布というものの本質まで
考えないと、

縁起の善し悪しも分からない
のではないか?

そんなふうに考える
今日この頃です。

ですので、

次回から、お財布を少し深掘り
したいと思っています。

その2:分からないことはサイト内で調べましょう

■お水取り祐気取りの百科事典

■サイト内検索方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事