気付き

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

気付き

前回では目標達成のテクニックと
して次の三つをご紹介しました。

・実践リストを作れ!
・期限を決めろ!
・過去の成功体験を繰り返せ!

今回は、お水取りと気付きと目標
達成がどのようにつながっている
のかを解説します。

気付きとは何か?

どなたでもお水取りの際には何か
願い事を祈願します。

ですが、お水取りをしても、
特に気付きがない、
気付かないと言う方がおられます。

原因は…
・気付きが必要とは知らない。
・何かを気付こうと思ってない。
・気付きのアンテナを張ってない。
・気付きを気付きと認識できない。

そもそも「気付き」って何ですか?
という方もいます。

気付きとは、
ご自分の祈願を達成するために必要な
具体的行動を感知することです。

その意味では、Part4でご紹介した
実践リストと似ています。

ただ全く違うのは、実践リストは
理性で創り出すものですが、

気付きは潜在意識や感性から
湧き上がってくるものです。

直感は誤らない、誤るのは判断

気付きとは、
直感と言い換えてもいいでしょう。

直感は強いです。
それに、直感は誤りません。

あなたは、最初に”ピン”と直感が働いても、
それを信じないで別の行動をすることが
ありませんか?

そんな時はたいてい、直感の方が
正しかったことが後で分かります。

誤るのは判断の方なのです。

なぜ、そうなのか、その理由は、
その人にとってより良い選択肢を
心の奥に秘められた潜在意識が
正確に感知するからです。

潜在意識

判断は顕在意識ですが、
意識全体の10%くらいしかありません。

潜在意識は全体の90%を占めています。

潜在意識 > 顕在意識(判断)

ですから、明らかに、
潜在意識の方が優越しています。

気付きとは発見

直感が働く時、
実践リストの中の項目にはない、
何か新しい発見があるはずです。

目標達成に一番近道になるとか、
独特な方法が見つかると思います。

その発見を活かし、実践リストを
大幅修正します。

実践リストは理性で作るものです。

ですから、感情や感性や潜在意識
を、ある意味で無視しています。

実践リストを作ってはみたが、
どうも気が乗らないとか、体が
動かないということがあります。

そんな時は、実践リストの方を
ちょっと横に置いて、お水取りで
得た気付きを優先して着手します。

気付きは、あなたの感情や感性や
潜在意識に後押しされたひらめきです。

なので、
実践に全く無理がないはずです。

だから夢や祈願のイメージを繰り返しなさい!

お水取りメールセミナーでは、
将来の夢や祈願事項を何度も
イメージするよう指導しています。

これは、イメージングによって、
夢や祈願を潜在意識に馴染ませ、
深く浸透させるためです。

すると、
潜在意識は自分の夢や祈願事項を
叶えるために自動的に働き始めます。

潜在意識は、寝ている時も起きている時も、
1年365日24時間働き続けます。

それはまるで高性能のレーダー網が
張り巡らされているようなものです。

潜在意識の働きは、普段は水面下に
隠れていますが、
ある時、突如表面に現れてきます。

普段の生活の中で夢や祈願に重要な
関係のある物事が発生した時に
潜在意識のアンテナがキャッチします。

それが心の奥のスイッチを押して
自分の得意なことや感性に相応しい
ひらめきが突然湧き上がります。

まさに、天啓のように・・・

それが「気付き」なのです。

だから、
夢や祈願のイメージングを繰り返し、
潜在意識にまで浸透させることが、

開運に至るまでの重要なステップ
になるわけです。

気付きの実践が大開運の実を結ぶ

あなたはお水取りだけやっていれば
開運できると信じていますか?

もしも、本当にそう信じているの
ならばそれは幻想でしょう。

ゆっくりと考えてみて下さい。

お水取りという、一見神懸かり的な
ことをやるだけで開運するって
不自然ではありませんか?

でしょう?

そのはずです。

お水取りの表面だけを観察すれば
神懸かりや神頼み以外のなにもの
でもないでしょう。

ですが実は、お水取りは人の心の
内面に深く迫り、人間の可能性を
引き出してくれるものなのです。

お水取りをして開運できた方は、
何もしないで開運したのではなく

気付きを実践して
実力で運を開拓できたのです。

本人はわざわざ気付きを実践して
開運したとは、感じてないかも
しれません。

ですが、
知らず知らずやっていたはずです。

何も行動しないのに、運が勝手に
向こうから寄ってくるわけがないのは
誰でも分かるはずです。

運は気付きを実践することにより
自ら開拓するものであり、
それができるものなのです。

次回の予告

次回の記事は、
開運祈願を達成するためにはPart6
をお送り致します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事