この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

銭湯

今回のテーマは、

“祐気取りで天然温泉と沸かし湯
との違いは何か?”です。

お水取りに行き、その日のうちに
吉方位の温泉で入浴をすると、
立派な祐気取りになります。

で、問題は…、

天然温泉でないとダメなの?
沸かし湯だったら価値がないの?

という疑問が出てきます。

以下、本文に続く…

開運豆知識

沸かし湯の温泉だって悪くない

というのは、

温度が少し低いお湯をボイラーで
加熱したからといって、祐気が
逃げるわけではないからです。

温泉とは、温泉法によって定義が
定められています。

地下から湧出する温水、鉱水及び
水蒸気その他のガスで、摂氏25度
以上のもの、または、

炭酸、リチューム、鉄分、硫黄等
19種類の定められた物質を有する
ものと定義されています。

19種類の具体的な物質はコチラ▼

環境省自然環境局(温泉の定義)
https://www.env.go.jp/nature/onsen/point/
このように、

25度以上の温水ならば、無条件に
温泉であり、

25度未満でも指定の物質が含まれ
ていれば、それも温泉です。

温泉には2つのパワーがある

お水取り愛好家の立場からすると、

源泉掛け流しがいいと思うのは、
ごく普通の感覚でしょう。

ですが、

九星気学的にみた温泉のパワー
について改めて考えてみますと、

それって、結構思い込みなんだと
いう事実に気が付きます。

温泉水は、自然水です。

なので、

1. 吉方位の自然水の力
2. 含まれている薬効成分の効能

このように温泉水には、2種類の
パワーが込められています。

社寺の御神水との違いは、
パワスポパワーが宿っているか
どうかです。

ですから、

地下水の沸かし湯(いわゆる銭湯)
であっても、パワーに特別な違い
があるわけではありません。

また天然温泉であっても、湯温が
25度くらいならば、沸かさないと
とてもじゃないが入浴できません。

なぜ、その日のうちに温泉入浴すればいいのか?

通常、温泉水は、24時間ずーっと
湧き出しています。

なので、

浴槽に張られたお湯は、吉時間に
湧き出したものだけでなく、

その前後の時間に湧き出したもの
と混ざり合っています。

すると、

当会の指定する正規時や代替時
に湧いてきたお湯だけが浴槽に
張られているわけではないのです。

入浴の時間帯だけこだわっても、
お湯の方が混ざっているので、
凝り過ぎても仕方がありません。

ですから、

少々アバウトにはなりますが、
その日のうちに入浴すればいい、
と指導しています。

源泉掛け流しの湧き出し口に
身体を寄せるようにつかれば、
効果が違うかもしれません。

でも、

火傷するほど熱かったら、
どうします?

それでも我慢して入浴しますか?

そんなことで我慢比べをするより、
ゆったり適温のお湯につかり、

イメージングに精を出した方が、
よっぽど効果的と思いませんか?

吉方位の銭湯には祐気取りの価値が十分にある

自然水を沸かしているだけなので、
銭湯だってバカにはできません。

今まで、源泉掛け流しの天然温泉
一本槍でいた人も、少しは柔軟に
考えられるようになりましたか?

まあ、そうは言っても、

“源泉掛け流し”の言葉には、
特別なひびきがあります。

偉そうな講釈を聞いたって、
源泉掛け流しのこだわりを捨てる
気にもならないでしょう。

私だって、
源泉掛け流しの温泉があるなら、
そっちにしちゃいますから…。

編集後記

その1:年間会員の方にご連絡

お水取りをした後で、気付きを
得るのに苦戦している方、

気付きは得たけれども、
実践になかなか移せない方、

そんな方がいらっしゃったら、

ただちに、
このメールにご返信下さい。

特訓致します。

その2:座布団を頂けますか?

この記事が気に入って頂けたら
ホームページの”いいね”ボタンを
押して下さい。
m(_ _)m

ご感想の投稿は大歓迎です。
投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
39@@kaiun.pw
(@はひとつで送信)

★夢を叶えるキーワード

実践が大開運の実を結ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事