商売

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

商売

今回のテーマは、
商売と婚活の共通点その7:
“お客と一気に親密になる方法”
です。

あなたは職場の同僚との飲み会で、
上司の悪口が話題になって、

一気に盛り上がったことは
ないだろうか?

そんな時は、同席した同僚が特別
仲が良い間柄でなかったとしても
妙な一体感を感じたはずだ。

上司の悪口って、どうしていつも
そんなに盛り上がるんだろう。

実はそこには、
2つの心理的な理由があるのだ。

開運豆知識

腹に一物、両手に荷物

上司の悪口を言えばそれで済む、
というほど単純なことではないが、

普段、言いたいことを言えない
ような職場環境であればなおさら、

腹に溜まった不満をぶちまければ、
とりあえずスッキリする。

一週間分溜まったウンチを
一気に押し出すようなものだ。

失礼。m(_ _)m

出したいものを出す。
出さなければならないものを出す。
すると、そこに快感が生まれる。

排泄は、生理的欲求なのである。
正常な新陳代謝には不可欠なのだ。

だからこそ、

風通しのよい職場が
求められるのである。

実態はともかく、かけ声だけは、
あちこちで叫ばれている。

仲間意識はなぜ生まれる?

会社はある意味で運命共同体とも
言える。

そんな中で、嫌われる上司とは、
弱者である部下にとって、共に
立ち向かう”共通の敵”なのだ。

弱者同士である一体感、
共通の敵を持つ一体感、

それが、悪口で盛り上がる2番目
の理由である。

お客と一気に親密になるには…

あなたが営業をしている時に、

お客との間で営業上の”共通の敵”
を作り出すことができれば、
超速で一体感を得ることができる。

言わば、敵と戦うことについて
お互いが身内同然になるからだ。

たとえば、

消費税が値上げされたとする。

商品を買う方の主婦も、供給する
側の企業も、経営の負担が大きい。

“消費税に負けるな!”と叫んで、
消費者応援キャンペーンをやれば、

政府を共通の敵として、販売促進
をはかることができるとか。

たとえば、

どんなに中国人と韓国人が喧嘩を
していたとしても、

日本の悪口を言う時だけは、
意見が一致するとか。

たとえば、

回覧板を回すくらいの付き合い
しかない隣近所が、

不審者による子供への犯罪の多発
を契機として、町内会全体で防犯
に取り組むとか。

このように、

“共通の敵”で得られる一体感は、
一晩で昨日の敵ですら今日の味方
に変えることがある。

婚活の共通の敵は…

もしも、あなたが婚活の相手との
距離を一気に縮めたいと願うなら、

ひとつ共通の敵を探してみたら
どうだろう。

婚活相手の努力や才能を認めない
横暴な上司でも構わないし、

日頃やたらうるさい経理のお局様
でも構わない。

二人とも水虫に悩んでいるのなら
白癬菌だっていい。

お互いに貧乏が敵だと言うのなら
タッグマッチを組んで立ち向かえ
ばいい。

要は、一体感を作り上げるための
人柱になってくれれば、誰だって
何だっていいのである。

だけど、不倫相手の配偶者
というのは頂けない。

編集後記

その1:なくて七癖”鼻で人を笑う”

これはいけません。

人を見下したりあざ笑ってます。

どんなに高学歴であっても、
どんなに能力が高くても、

どんなに地位が高くても、
お金持ちであっても、

人間的に問題があります。

でも、うっかりやっていることが
あなたにだってあるかもです。

もしも、

それを途中で気が付いたら、

鼻詰まりを理由にして
誤魔化しましょう。

「ふん…」
「あれ、どうも鼻がおかしいなぁ」

という具合にね。

その2:”いいね!”のお願い

この記事が気に入って頂けたら
ホームページの”いいね”ボタンを
押して下さい。
m(_ _)m

ご質問やご感想の投稿は大歓迎です。

投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
kaiun@@goo.jp
(@はひとつで送信)

★夢を叶えるキーワード

実践が大開運の実を結ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事