この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

商売

今回のテーマは、
商売と婚活の共通点18
“居心地の良い場所に進歩は?”
です。

あなたの商売は現在、
うまくいっているでしょうか。

もしもそうならば、
とても喜ばしいことです。

ですが、

今イチなんだよねぇ…、
と思う方がいたら聞いて下さい。

売上げの多い少ないは別として、
今の生活は居心地がいいですか?
そんなに悪くないでしょ。

だと思います。

実は、それが、
商売のうまくいかない原因
だとしたらどうでしょうか。

以下、本文に続く…

開運豆知識

居心地の良い場所はぬるま湯

もしも、熱いお湯ならばお風呂に
長く入り続けることはできません。

よっぽど熱い湯が好きな方でも、
限界というものがあります。

ですが、

ぬるま湯ならば、無理しなくても
長く入り続けることができます。

人はぬるま湯が好きなんですね。

だから、
いつまでも留まりたいのです。

これを”コンフォート・ゾーン”
(居心地のいい場所)といいます。

人は、コンフォートゾーンが
とても好きな生き物なのです。

あなたが商売人ならば、売上げの
上がらないのを居心地がいいと
思っていいるはずはありません。

ですが、

売上げ以外の生活は、そんなに
悪くないと感じているはずです。

もしも、本当に居心地が悪ければ、
抜け出すために、もっと幅広く
活動していると思います。

努力なら人一倍やっている、
というあなた。

その努力を否定しているのでは
ないのです。

努力の範囲がコンフォートゾーンの
中だけに限られているのではないか?

と、申し上げているのです。

要するに、

自分の居心地のいい場所だけで
毎日活動してはいないでしょうか。

ということです。

コンフォート・ゾーンを抜け出すのは至難のわざ

カエルを急に熱い湯に入れると、
驚いて飛び出してしまいます。

ですが、

鍋の水をちょっとずつ熱くすると、
カエルは逃げないで茹で上がると
いわれています。※

この話は、居心地が良すぎると、
環境の悪化を認識できなくなる
という、たとえ話に使われます。

人間もカエルと同じで、居心地の
良い場所から抜け出すのはかなり
難しいんですね。

で、気が付いたときは、

もう遅かった、
なんてことになりかねません。

ですから、まだ間に合ううちに、
コンフォート・ゾーンから
抜け出してほしいのです。

※本当はそこそこに熱くなると
逃げてしまうそうです。

実験した科学者も嫌だったと
思いますが…

不得意なことをどうするか?

営業でお得意様周りをしている
あなた。居心地のいい場所ばかり
回っていませんか?

なかなかハンコを押してくれない
上司に企画書を持って行くのを
後回しにしていませんか?

自分の好きな仕事ばかり請け負い
たがる経営者の方。

自分の得意分野で勝負するのを
悪いとは言ってません。

でも、

不得意な分野の問題を無視しては
ダメなのです。

たとえ不得意でも解決しなければ
ならない問題はあります。

困難な問題は、真っ向から解決は
できないかもしれません。

ですが、

経営者なら、無視するのではなく、
取り除くか、回避する方法を
考えなければいけないのです。

自分が不得意ならば、得意な人に
任せることも仕事のうちです。

“出会いがない”と嘆く婚活中のあなた

あなたの活動範囲は、狭くなって
いないでしょうか。

普段、居心地のいい場所だけで
生活していませんか。

出会いがないのは、
不思議でも何でもありません。

当たり前です。

出会いがない場所ばかりで
生活しているはずです。

ですから、ぜひ、

コンフォート・ゾーンを
抜け出して下さい。

居心地の悪い場所に
顔を出して下さい。

そこは、きっと今まで遠巻きに
していた場所だと思います。

でも、

そんな場所だからこそ、
新鮮な発見がある。

茹でガエルになる前に、
あなたもコロンブスになって、
新大陸を発見して下さい。

コロンブスのような大冒険は
できないと言う方でも、

生玉子の立て方は発見できます。

編集後記

その1:小さくたって凄いスーパーマーケット

ある小さなスーパーへ買い物に
寄った時のこと。

ブルーベリージャムを買って、
精算を済ませたのですが、

なぜか、カートの後部が、
がばっと開き、ビンが下に
落ちてしまいました。

もちろん、瓶詰めジャムは割れて
使い物にならなくなりました。

ありゃありゃと、拾い始めたら、
レジの店員さんが駆けつけて、

素早く片付けをしたり、
代わりの品を持ってきたりして
とても親切にしてくれました。

“凄い!”

お店側としては、おそらく経費で
落とすのでしょうが、

そんなことよりも、
店員さんの気持ちのいい対応に感謝です。

また、お店の教育程度の高さがうかがわれ、
とても嬉しくなりました。

「ムラコシ」というスーパーです。
別名「ランドローム」といいます。

あなたの町に、ランドロームが
あったなら、ぜひお買い物に
行ってみて下さい。

きっと、いい店員さんに
会えると思います。

———–
◇その2:座布団はくれますか?

この記事が気に入って頂けたら
ホームページの”いいね”ボタンを
押して下さい。
m(_ _)m

ご質問やご感想の投稿は大歓迎です。

投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
kaiun@@goo.jp
(@はひとつで送信)

★夢を叶えるキーワード

実践が大開運の実を結ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事