この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こまいぬ

神社の境内に入ると、参道の左右
に狛犬(こまいぬ)が並んでいます。

その狛犬が、今回のテーマです。

以下、本文に続く。

開運豆知識

なぜ、神社に狛犬があるのか?

狛犬の起源は、獅子(ライオン)
ともいわれ、古代オリエントに
源流があります。

権力者の力の象徴として、百獣の
王たるライオンが、その守護獣に
ふさわしいと考えられていました。

それが獅子座(左右の肘掛けに獅子
を模した玉座)に表れています。

そして、

権力者を護る→仏(神々)を護る
と変化し、

獅子・狛犬が遣唐使によって仏教と
ともに伝来し、日本に定着しました。

当時の日本では、獅子を見た者は
もちろんいません。

なので、犬と称して想像するしか
なかったのでしょう。

狛犬とは「高麗犬」であり、朝鮮
半島を通じてもたらされたとの説
を強く裏付けていると思います。

これと同じ流れをくんでいるのが、

沖縄のシーサー像であり、はるか
エジプトのスフィンクス像です。

一方、

狛犬の歴史をひもといてみると、

狛犬は想像上の動物(神獣)であり、
獅子ではないという説もあります。

多くの場合、伝来の初期には、

向かって右側に口を開けた獅子像、
左側に口を閉じた狛犬像が配置
されていたようです。

『禁秘抄・類聚雑要抄』という
古文書では、さらにそれぞれの
特徴を次のように記しています。

「獅子は色黄にして口を開き」
「狛犬は色白く口を開かず、角あり」

始めは「獅子・狛犬」と呼んで
いたのが、短く縮められ「狛犬」
になったとされています。

その狛犬が、お寺だけに限らず
神社でも広まったわけです。

なぜ、右側が口を開け、左側が口を閉じているのか?

「阿吽(あうん)の呼吸」という
言葉をご存知と思いますが、

”阿吽”とは、

古代インドのサンスクリット語で
宇宙の始まりと終わりを意味して
います。

阿から始まり、
吽で終わるわけです。

阿は、陽を表し、
吽は、陰を表します。

阿は、口を開けて息を吸い。
吽は、息を吐いて口を閉じる。

赤ちゃんは、生まれて初めて
口を開けて息を吸い、

生を終える人は、
深く息を吐く。

また、

阿は雄で、吽は雌、
ともいわれていますが、

狛犬の雌雄の区別が明確に
なっている神社は少数派です。

どちらかと言えば、性別はあまり
定かにはなっていないようです。

いずれにしても、
仏教の思想が色濃く反映しています。

狛犬に上下関係はあるのか?

神社では、ほかの多くの事柄と
同じように、

左側(向かって右側)に阿形が配置
され、こちらが上位です。

吽形は右側(向かって左側)に配置
され、下位になります。

つまり、

ここでも、左が上位、右が下位に
なっています。

ところが、沖縄のシーサーは、

向かって右側が雌で
口を開けています。

向かって左側が雄で、
口を閉じています。

では、

沖縄では、女性が上位なのか?

上位かどうかは分かりませんが、

ひとつハッキリ言えることは、
女性の方が働き者だということ。

これは沖縄の友人から聞いた本音
の話なので、現地では定説です。

狛犬がない神社もある

たとえば、浅草の今戸神社では、
左右に招き猫がいます。

狛犬の起源が獅子ならば、ネコは
親戚なので、それほど違和感は
ありません。

ですが、

菅原道真を祀る天満宮では、
「なで牛」です。

稲荷神社では、「お狐様」です。

また、ねずみ、いのしし、うさぎ、
竜が守護獣の神社もあります。

要するに、

祀られている神々にゆかりのある
動物が守護獣になっています。

そのほかにも、右大臣・左大臣、
阿形・吽形の金剛力士など、

境内では、様々な神の使いが
祀られています。

ちなみに、

うちの神棚にも、金剛力士像、
大黒様・えびす様を祀っています。

商売をされている家では、
招き猫を祀っておられる
かもしれませんね。

★夢を叶えるキーワード

実践で春らんまんの花が咲く

編集後記

その1:神棚には置いてませんが招き猫はいっぱいあります

改めて数えてみたら、
全部で11体ありました。

一部は動画も撮っています。

そこで、

商売をしている方へ、
客寄せのプレゼントです▼

https://youtu.be/vmkK2po8y_Q
https://youtu.be/ea-XaMciEac
https://youtu.be/-KsV3yO2mmU

また、

浅草今戸神社は縁結びで有名です。
こちらは婚活の招き猫があります。

婚活中の方にプレゼント▼
https://youtu.be/w3bfeffudbk

その2:”いいね”ボタンを押して下さると、嬉しいです。

(*^_^*)

ご感想の投稿は大歓迎です。
投稿名は自由です。

直接メールを下さっても嬉しいです。
39@@kaiun.pw
(@はひとつで送信)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事