真冬のお水取りで身体を冷やさない内緒のテクニックとは?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

お水取りは現場で御神水をコップ2杯飲む!



あなたがお水取りの愛好家なら、

取水の現場で御神水を2杯ほど
飲むことをご存知ですよね。

量にして、400-500ccくらいです。

ですが、

厳冬期に屋外で冷たい水を2杯も
飲むのは辛いと思いませんか?

思いますよね。

夏場なら冷水が心地よくても、
冬場ばかりは、ちょっと辛い。

身体を冷やしやすいので、
風邪を引いちゃうかもしれません。

そんなことで病気になったら、
開運祈願も本末転倒になります。

そこで…、

以下、本文に続く。

開運豆知識

真冬のお水取りで身体を冷やしたくないあなたへ

御神水というものは、生水で頂く
のが常識です。

というのは、

御神水は沸騰させたら、
祐気が消えてなくなるからです。

なので、

沸かして飲むことができません。

というか、

沸かして飲んだら、お水取りの
価値が全くなくなります。

ですから、

冷たさに身を縮めながら、

何とか堪えて飲んでいる方も
いるのではないでしょうか。

ところが…、

御神水を現場で暖めて飲む究極のテクニックがあった!

これから、あなたに、

真冬の社寺の境内で、

しかも、

御神水の祐気が消えてなくならない
ように暖める技をお教えします。

では、

用意はいいですか?

いきますよ。

その技とは…、

モーリアンヒートパックLサイズ (60g発熱剤3個入)


加熱剤を使用して、
全く電気や火のない場所でも、

僅かな水さえあれば簡単に
お湯をつくることができます。

紙製なのでとても軽量ですし、

折り畳んで保管できますから、
携帯するにも邪魔になりません。

これを使うと500mlの水を15分で
80℃くらいまで温められます。

気になるコストの方も、
amazonで探したら、

加熱材3個入りで(3回使えて)
最安値:869円でした。

しかも、無料配送商品です。

つまり、

1回分のコストが300円を切ります。

どうですか?

安くて、手軽で便利でしょ。

本来、これは防災グッズです。

電気やガスのない時でも暖かい
お湯やカップ麺が作れる優れもの
です。

真冬のお水取りのお供に、ぜひ
この優れものグッズをお試しあれ。

以上、

この記事が気に入った方は、
“いいね”ボタンを押して下さい↓

ご意見もお待ちしてます。

★夢を叶えるキーワード

冬バージョン
「冬来る、芽吹く春をじっと待つ」

編集後記

感動するお話?

ある方から面白いお話を聞いたので
あなたとシェアします。

全盲のピアニスト辻井伸行さんが

2009年にバン・クライバーン
国際ピアノコンクールで優勝した
時のことです。

受賞後のインタビューで
ある記者からこう尋ねられました。

「もし今、目が見えたとしたら
何を一番見たいですか?」

こんなことを尋ねる記者の感性を
疑ってしまうところですが、

辻井さんは人間ができてるから
こう答えたそうです。

「親の顔が見たい」

私は、思わず目頭が熱くなるほど
感動しました。

本人は、素直に自分の親の顔を
見たいと答えたのでしょうが、

「質問した記者の親の顔を見たい」
でも風刺が効いてますね。

ちゃん、ちゃん…。

気学で分からないことの調べ方

お水取り祐気取りの百科事典

サイト内で調べる方法

検索窓に短い単語を2-3語入れ
検索ボタンを押して下さい。

長文では上手く出てきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事